ページの先頭です

京都府立大学元教員の研究活動における不正行為について

[2014年10月31日]

                                                               平成26年10月31日

                                                               京都府立大学

 平成26年4月3日に龍谷大学から関係者が来校し、当時同大学に在職していた本学元文学部教授(退職後、名誉教授の称号を授与)の研究活動における不正行為(盗用)について、本学在職当時にも不正行為があったかどうか、文書と口頭にて調査の依頼がありました。

 ついては、本学に直ちに調査委員会を設置し、慎重に調査を実施した結果、不正行為があったことを認定し、下記のとおり対応しましたので、お知らせします。

 

 研究活動における不正行為は、学術及び科学への信頼を著しく毀損し、その発展を妨げるものであり、決して許されることはありません。本学においては、これまでから全教職員への規範意識の向上、規程の整備など不正の未然防止に努めてきたところですが、この度、このような不正行為を行った教員が在職していたことに対し、本学学生及び府民の皆様はじめ多くの方々の信頼を損ね、多大な御迷惑をおかけしますことを、深くお詫び申し上げます。

 本学といたしましては、こうした不正行為に対しまして、これまで以上に厳正に対応し、大学としての使命と責任を果たし、社会から信頼を得られるよう、不正行為の防止に一層努めてまいりたいと存じます。

                                         記

 

1 当該教員

   元文学部教授 菅山謙正(すがやま けんせい) 氏

   専門分野:英語学、言語学、語彙意味論、Word Grammar 等

 

2 在職期間

   平成18年4月1日~平成25年3月31日

 

3 研究不正の内容

   論文等における不正行為(盗用)

     

4 大学の対応

   ・名誉教授の称号の取消(平成26年10月20日)他

お問い合わせ

京都府立大学企画課

電話: 075-703-5147 FAX: 075-703-4979

e-mail: kikaku@kpu.ac.jp


京都府立大学元教員の研究活動における不正行為についてへの別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.