ページの先頭です

文学部歴史学科の阿部拓児准教授が『アケメネス朝ペルシア―史上初の世界帝国』を刊行しました。

[2021年10月15日]

文学部歴史学科の阿部拓児准教授が『アケメネス朝ペルシア―史上初の世界帝国』を刊行


文学部歴史学科の阿部拓児准教授が『アケメネス朝ペルシア―史上初の世界帝国』を刊行しました。歴代諸王の治績を軸に、「史上初の世界帝国」であるアケメネス朝ペルシア220年の歴史を描き出す内容となっています。


出版年月日:2021年9月21日

出版社:中央公論新社

ISBN:978-4-12-102661-3

ページ数:280ページ

定価:968円(本体880円+税)

 

〈目次〉

序章 アケメネス朝ペルシア帝国前夜

第1章 帝国の創設者―キュロス2世

第2章 エジプトを征服した狂気の王―カンビュセス2世

第3章 帝国の完成者―ダレイオス1世

第4章 ペルシア戦争と語りなおされるペルシア王―クセルクセス

第5章 円熟の中期ペルシア帝国―アルタクセルクセス1世とダレイオス2世

第6章 文献史料に恵まれし長寿の王―アルタクセルクセス2世

第7章 帝国最後の輝き―アルタクセルクセス3世からダレイオス3世


表紙

お問い合わせ

京都府立大学文学部

e-mail: gakuji@kpu.ac.jp


文学部歴史学科の阿部拓児准教授が『アケメネス朝ペルシア―史上初の世界帝国』を刊行しました。への別ルート

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.