ページの先頭です

対面授業の開始に伴う新型コロナウイルス感染防止ついて

[2020年6月19日]

対面授業の開始に伴う新型コロナウイルス感染防止ついて

                                        令和2 年 6 月 19 日
                                        教     務    部

6月20日(土)から 対面授業を 再開 します 。


学生のみなさんは、以下のとおり、 各自で新型コロナウイルスの 感染拡大予防のための

取組を最大限講じて登校し、 今後順次開講される対面 授業を受けてください。


1 登校・受講の際の注意事項


  ・登校する日は、体温を計り、発熱などのかぜ症状がある場合は、大学を休むこと。


  ・大学の建物に入る際には、出入口に設置の消毒液で手指消毒すること。


  ・教室内を含めて、外出時はマスクを着用する こと。


  ・人と人との距離をとること( Social distancing; 社会的距離) 。
   教室の机に「×」のテープが貼られている席に座らず、十分間隔 を空けて着席すること。


  ・教室の換気を十分にする こと。


  ・咳エチケットを心がけ、大声または、混雑した場所での会話を控えること。


  ・帰宅時など、自宅においても石けんによる手洗いや 手指消毒に心がけること。


  ・十分な睡眠などで自己の健康管理をしっかりする こと。


  ・外出やイベントなどへの参加は控えること。


     風邪症状がある場合、大学を休むことは、学生本人のためにもなりますし、

          感染拡大防止にもつながる大切な行動です。


          閉鎖空間において近距離で多くの人と会話する等の一定の環境下であれば、

          咳やくしゃみ等の症状がなくても感染を拡大させるリスクがあるとされています。

          無症状の者からの感染の可能性も指摘されており、油断は禁物です。

          以上の 取り組み を踏まえ、「3つの密(密閉・密集・密接)」を 回避するとともに 、
          教室入室時には必ず 手指の消毒を行い、マスクを着用してください。

 

2 集団感染の防止について


  感染の拡大を最小限に抑えるため、小規模な患者の集団 クラスター) が次の集団を生み
  出すことの防止 も重要 です 。 「換気が悪く」 、「人が密に集まって過ごすような空間」、「不特定
  多数の人が接触するおそれが高い場所」 に行かず、自らもこのような場所・空間を作らないよう
  に徹底してください。

 


3 感染リスクに対する不安について


  大学への登下校 時における 感染リスクに対して深刻な不安を感じる学生は、

      講義担当 の教員に相談してください。 欠席扱いにしません。

 

 

対面授業の開始に伴う新型コロナウイルス感染防止ついて

お問い合わせ

京都府立大学学務課教務担当

電話: 075-703-5118 FAX: 075-701-2474

e-mail: kyoumu@kpu.ac.jp


対面授業の開始に伴う新型コロナウイルス感染防止ついてへの別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.