ページの先頭です

感染予防について

[2020年4月1日]

感染予防について

 

 国内の複数地域で、感染経路が明らかではない患者が発生し、京都府内でも新たな感染者が増加していることから、本学におきましては、感染の流行の防止及び執行体制の確保等、危機管理対策等に万全を尽くすことが必要です。

 そのためには学生・教職員をはじめ、本学に関係する皆さん1人ひとりが感染予防対策及び体調管理等に努めることが重要となることから、以下の事項にご留意の上、徹底いただきますようお願いします。

 

1 日常的な感染予防対策の励行

 ア ていねいな手洗い(30秒間)、うがいを励行すること。

 イ 咳エチケットを心がけ、熱、咳、くしゃみがあるときはマスクを着用し、マスクがないときはティッシュ等  

   により口、鼻を押さえること。

 ウ 部屋の湿度を保ち、感染しにくい環境を確保すること。

 エ 適度な食事、運動、睡眠により免疫力を高め、感染しにくい身体づくりに努めること。

 

2 通勤・通学前の体調確認及び報告の徹底

 自己の健康状態の把握に努めるとともに、通勤・通学前には体温測定を行うなど体調を確認し、発熱等の風邪症状がある場合には通勤・通学はせずに、速やかに関係先(学生:学務課、教職員:各所属長)に報告してください。

 

3 クラスター(集団感染)を発生させないために

 国の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議は、感染拡大の防止のため、また、クラスターを発生させないため、特に、次の3つの条件が重ならないようにと言われています。

 ①換気の悪い密閉空間(密閉)

 ②人が密集している(密集)

 ③近距離での会話や発声が行われる(密接)

 集団感染にならないため、このような場所はできるだけ避けるようにしてください。

 なお、特にこの時期は歓送迎会等の懇親会が予定されていると思いますが、集団感染のリスクが高いことから、自粛を要請します

 

4 海外渡航について

 海外渡航については、これまで不要不急の渡航について中止又は延期の検討をお願いしてきたところですが、外務省から、全世界の国について渡航先の国・地域において行動制限を受けたり、出国が困難となる事態を防ぐため、不要不急の渡航を止めるように要請されていることを踏まえ、可能な限り中止または延期してください。

 なお、やむを得ず渡航され帰国された場合は、渡航先に関わらず2週間の自宅待機(勤務)、健康 観察を徹底してください。

 

5 感染が確認された場合等

 万一感染が確認された場合又は感染が疑われる場合は、最寄りの保健所又は帰国者・接触者相談センターへ連絡、相談するとともに、併せて、大学にも報告してください。

お問い合わせ

京都府立大学管理課総務担当

電話: 075-703-5102 FAX: 075-703-5149


感染予防についてへの別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.