ページの先頭です

【高校生対象】ひらめき☆ときめきサイエンス参加者募集中 8月3日(土)・9月15日(日)

[2019年7月18日]

3つのプログラムから興味のあるものを選ぼう!

日本学術振興会との共催により、高校生を対象とした科学的好奇心を刺激して”ひらめき”、”ときめく” 心の豊かさと知的創造性を育むプログラムを実施します。

高校生を対象とした無料の実験教室です。参加者を募集しておりますので、奮ってご参加下さい。

お申し込みは日本学術振興会のサイトからどうぞ

 

各プログラムの概要

プログラム

光る分子、色が変わる分子を合成しよう

木材を溶かして使う、新しい上手な使い方

「ドングリ」から考える森の生き物のつながり

募集人数

10人

10人

10人

会  場

府立大学下鴨キャンパス

同左及び宝ヶ池丘陵林

開催日時

8月3日(土)

8月3日(土)

9月15日(日)

申込〆切

716()

7 24 日(水)

 8 21 日(水)

内容

みなさんの身の回りのものは、スマートフォンから衣類、病気のお薬まで、すべて化学物質でできていますが、これらすべての物が、たった1枚の周期表で表される元素の組合せだけでできています。

本プログラムでは、講義と実験を通じて、実際に五感を使って化学を感じ体験する事で、化学の面白さと有用さを学びます。

さあ、一緒に匂いをかいで、化学物質を作り、光らせてみよう!

様々な使われ方をする木材ですが、新しい使い方として、木材を液体に溶かして使う研究が進んでいます。溶かすことができれば、ガソリン燃料やプラスチック製品なども木材から作ることができます。

本プログラムでは、木材の基礎知識を学ぶとともに、木材を実際に溶かして、新しい上手な使い方を学びます。

さまざまな動物の食料になるドングリは、成長の途中に、色々な生き物(主に昆虫)と出会い、それがドングリのなり方にも影響していることが分かってきました。

本プログラムでは、ドングリが森の中でどのよう な役割を果たしているのか、実際のドングリの森を歩き、ドングリが成長していく過程でなにが起こっているのか調査・観察を行い、生き物のつながりについて考えます。

お問い合わせ

京都府立大学 企画課 電 話:075-703-5212 メール:kikaku@kpu.ac.jp

【高校生対象】ひらめき☆ときめきサイエンス参加者募集中 8月3日(土)・9月15日(日)への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.