ページの先頭です

ブックレット

[2020年4月7日]

京都地域未来創造センター(前京都政策研究センター)ブックレットの紹介

ご購入・ご注文は書店等にお問い合わせください。

①『地域貢献としての「大学発シンクタンク」 京都政策研究センター(KPI)の挑戦』

編著:青山公三、小沢修司、杉岡秀紀、藤沢実
企画:京都府立大学京都政策研究センター
出版:公人の友社、2013年
価格:本体1,000円+税
ISBN:978-4-87555-619-0

京都府立大学と京都府の「協働」しあう建設的な関係を紹介する新ブックレットシリーズの第1弾。平成21年9月、京都府立大学の新たな全学組織として、長年京都府から要望のあった政策研究のシンクタンク機能を担う京都政策研究センター(KPI)が設立されました。KPI設立の背景やその意義をご紹介します。

②『もうひとつの「自治体行革」 住民満足度向上へつなげる』

編著:青山公三、小沢修司、杉岡秀紀、藤沢実
企画:京都府立大学京都政策研究センター
出版:公人の友社、2014年
価格:本体1,000円+税
ISBN:978-4-87555-640-4

これまで「自治体行革」というと、経費・人員の削減、事務事業・組織の見直し、一部業務の外部委託、給与の減、事業の減等々の「減らす」改革ばかりの「自治体行革」が実施されてきました。しかしその結果、果たして住民サービスや住民満足度は向上したのでしょうか。持続可能な自治・自治体のあり方は担保されたのでしょうか。もうしそうでないとすれば、何のための「自治体行革」か、翻って行革とは誰のための改革なのか、今一度考える必要があります。

③『地域力再生とプロボノ−行政におけるプロボノ活用の最前線 』

編著:杉岡秀紀
著者:青山公三、鈴木康久、山本怜奈
企画:京都府立大学京都政策研究センター
出版:公人の友社、2015年
価格:本体1,000円+税
ISBN:978-4-87555-659-6

「プロボノ」は、社会的・公共的な目的のために、自らの職業を通じて培ったスキルや知識を提供するボランティア活動です。本書は、京都府立大学京都政策研究センターと京都府府民生活部府民力推進課による、わが国のプロボノ、米国のプロボノの実態、京都府における現行の「地域力再生活動アドバイザー派遣事業」の検証・研究の成果の一部をまとめたものです。

④『地域創生の最前線〜地方創生から地域創生へ〜 』

監修・解説:増田寛也
編著:青山公三・小沢修司・杉岡秀紀・菱木智一
企画:京都府立大学京都政策研究センター
出版:公人の友社、2016年
価格:本体1,000円+税
ISBN:978-4-87555-681-7

京都府立大学では、「連続自治体特別企画セミナー」を通じて、さまざまな「地域創生」の事例を紹介、また共有する場を設けてきました。事例のどれ一つをとっても同じものはなく、まさに十人十色の「地域創生」のエッセンスが凝縮されています。本書では、それらの事例を紹介するとともに、事例の中で見えたエッセンスを、今後の「地域創生」のためのヒントとして改めて考察し、提示していきます。

⑤『「みんな」でつくる地域の未来』

編著:京都府立大学京都政策研究センター
出版:公人の友社、2017年
価格:本体1,000円+税
ISBN:978-4-87555-697-8 

全国各地で地域のサステイナビリティが危ぶまれています。私たちの生活基盤を動揺させる今日のこの危機に対して、いま全国各地で住民が自律的に地域のサステイナビリティを確保しようとする新たな住民自治の動きが活発化しつつあります。本書では、国内外での注目すべき事例を取り上げて、そうした新たな住民自治の動向を紹介し、学ぶべき教訓を探ります。

⑥『現場からみた「子どもの貧困」対策~行政・地域・学校の現場から~』

編著:小沢修司
企画:京都府立大学京都地域未来創造センター(KIRP)
出版:公人の友社、2018年
価格:本体1,000円+税
ISBN:978-4-87555-813-2 

子どもの貧困対策で実績をあげている箕面市、南風原町、こどもソーシャルワークセンター(大津市)、スチューデントサポートフェイス(佐賀)、武雄市の5つの先進的取組の「現場」から社会資源活用の方向性を示し、京都府の「現場」からはSSW活用の提言を行います。

⑦『人がまちを育てる~ポートランドと日本の地域~』

編著:川勝健志

企画:京都府立大学京都地域未来創造センター

出版社:公人の友社

定価:1000円+税

ISBN:978-4-87555-843-9

米国アメリカオレゴン州にあるポートランドは全米一住みよいまちとして知られています。本号では、ポートランドの約50年にわたるまちづくりの歴史をSDGsの視点から捉え直すとともに、日米の4つの地域の実践事例を紹介し、これからの住民主体のまちづくりのあり方を考えます。

お問い合わせ

京都府立大学京都地域未来創造センター担当

電話: 075-703-5319・5390 FAX: 075-703-4979

e-mail: kirpinfo@kpu.ac.jp


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.