ページの先頭です

歴史学科ACTRの成果を「舞鶴郷土資料館リニューアル記念講演会」で報告しました(8/7)

[2016年8月16日]

歴史学科ACTRの成果を「舞鶴郷土資料館リニューアル記念講演会」で報告


京都府立大学文学部歴史学科では、舞鶴市における3年間にわたるACTRの成果報告会を舞鶴市文化振興課と共同で開催しました。今回は共同で調査研究を行った舞鶴市郷土資料館のリニューアルを記念して3名の教員が報告しました。当日は炎天下の中、40名をこえる参加があり、貴重なご意見をいただきました。

「郷土資料館リニューアル記念講演会―舞鶴地域の文化遺産とその魅力―」

日時 2016年8月7日(日)13:30~16:30
場所 舞鶴西総合会館 4階 第1会議室

内 容
講演1 「古文書・モノ資料からよむ舞鶴の歴史-舞鶴幼稚園・堂奥地区・
多門院地区」
東 昇 (京都府立大学准教授)

講演2 「地域に眠る歴史遺産-街道調査・和田地区の調査を中心に」
上杉 和央(京都府立大学准教授)

講演3 「舞鶴市の歴史文化を町の宝に-歴史文化基本構想の策定に向けて」
菱田 哲郎 (京都府立大学教授)

パネルディスカッション
コーディネーター 上杉 和央
パネラー 小室智子(舞鶴市郷土資料館)・羽賀逸雄(堂奥地区副自治会長)・東 昇・菱田 哲郎

講演会の様子

お問い合わせ

京都府立大学文学部

e-mail: gakuji@kpu.ac.jp


歴史学科ACTRの成果を「舞鶴郷土資料館リニューアル記念講演会」で報告しました(8/7)への別ルート

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.