ページの先頭です

国際京都学シンポジウム第2回 『東寺百合文書の現在と未来』を開催します

[2015年9月25日]

 来る10月12日(月曜日・祝日)、本学において国際京都学シンポジウム・シリーズ「ユネスコ世界記憶遺産に向けて」の第2回「東寺百合文書の現在と未来」を開催します。

 当シンポジウムは、日本を代表する歴史資料の「東寺百合文書」が語り継ぐ記憶の世界に焦点をあて、その価値や今日的意義を問うとともに、その保存や活用の未来像などについても、多彩な切り口から迫るものです。
 皆様のご参加をお待ちしております。


日 時 : 平成27年10月12日(月・祝)  13:00~16:30
会 場 : 京都府立大学 稲盛記念会館104講義室
主 催 : 京都府、舞鶴市、京都府立大学、京都新聞
定 員 : 200名(当日受付・先着順、参加費無料)

<内容>
 ◆基調講演
   『世界の中の東寺百合文書』
    ブライアン・ルパート(イリノイ大学 准教授)  

 ◆講演1
   『文化資源としての東寺百合文書』
    井口和起(京都府立大学 名誉教授、京都府立総合資料館 顧問)

 ◆講演2
   『東寺百合文書研究のこれから―新たな地平をふまえて』
    高橋敏子(東京大学資料編纂所 教授)

 ◆ワークショップ
   『みんなの東寺百合文書』
    横内裕人(京都府立大学文学部 准教授)/小森浩一(京都府立総合資料館歴史資料課 資料主任)
    ※東寺百合文書WEBの解説・実演や他の講演者も交えた来場者との意見交換

 

国際京都学シンポジウムのチラシ

Adobe ReaderPDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

京都府立大学企画課

電話: 075-703-5147 FAX: 075-703-4979

e-mail: kikaku@kpu.ac.jp


国際京都学シンポジウム第2回 『東寺百合文書の現在と未来』を開催しますへの別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.