ページの先頭です

本学院生が日本ペトロジー学会2014年度大会でポスター賞を受賞

[2014年4月1日]

本学生命環境科学研究科土壌化学研究室の院生が、日本ペドロジー学会2014年度大会において、ポスター賞を受賞しましたので、お知らせします。

 

1 受 賞 者 

小笠原翔(生命環境科学研究科応用生命科学専攻博士前期課程1回生)

 

2 受賞演題名 

「黒雲母からのK放出に伴うフレイド・エッジ・サイトおよびバーミキュライト量の変化」

 

3 受賞年月日 

平成26年3月21日(金)

※平成26年3月21日(金)開催の日本ペドロジー学会2014年度大会(開催場所:島根大学生物資源科学部)において、演題数25題のうち2題がポスター賞を受賞。(本年度テーマは「ペドロジー研究の最前線」。)

 

<日本ペドロジー学会について>

1965年にペドロジスト懇談会として発足し、1995年から現在の学会名に改称。

会員数500名。

土壌の生成、分類および調査の分野の研究の発展と知識の普及等を目的とする。

お問い合わせ

京都府立大学生命環境学部

e-mail: gakuji@kpu.ac.jp


本学院生が日本ペトロジー学会2014年度大会でポスター賞を受賞への別ルート

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.