ページの先頭です

本学文学部岡本隆司准教授著『ラザフォード・オルコック―東アジアと大英帝国』刊行

[2012年6月21日]
ラザフォード・オルコック表紙

本学文学部岡本隆司准教授著『ラザフォード・オルコック―東アジアと大英帝国』が刊行されました。

書籍帯より
私の生涯はわが仕事のなかにある。
そこから思い出してもらえれば満足だ。
中国で比類なきリーダーシップを発揮し、「非公式帝国」の租界・税関を事実上作った人物ラザフォード・オルコックの生涯。
「それは特殊な角度から見た日中の開国史といってよい。オルコックなかりせば、中国と日本の近代史は決して、あのようにはすすまなかった。その意味で、東アジアの歴史は、かれとともにある。自伝はなくとも、その歴史が自分の存在を明らかにしてくれるはず。オルコックはそう確信していたに違いない。」--(本書より)


ウェッジ(2012年4月)256頁 
ISBN-13: 978-4863100961

目次

第1章 旅立ち 
  少年時代/軍医/外科医の挫折/中英関係
第2章 廈門から上海へ
  中国の領事/廈門と福州/青浦事件
第3章    上海
  租界の形成/洋関の起源/オルコックの貿易報告
第4章    日本
  広州駐在領事から駐日総領事へ/着任/「最初の授業」/攘夷の嵐/賜暇帰国
第5章 北京
  ふたたび中国へ/「協力政策」/オルコック協定/挫折
むすび 華やかな余生

お問い合わせ

京都府立大学文学部

e-mail: gakuji@kpu.ac.jp


本学文学部岡本隆司准教授著『ラザフォード・オルコック―東アジアと大英帝国』刊行への別ルート

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.