ページの先頭です

文学部上杉和央准教授編による『軍港都市史研究2 景観編』が刊行されました。

[2012年4月17日]

書籍帯より

最新地理学の視座から、「景観」を軸に軍港都市の過去・現在・未来を展望する。

 

清文堂出版(2012年3月14日)

ISBN 9784792409555

 

目次

序  軍港都市と景観……上杉和央

第Ⅰ部 軍港都市の景観変遷

  地形図と空中写真からみる横須賀の景観変遷……花岡和聖

  地形図と空中写真からみる呉の景観変遷……村中亮夫

  地形図と空中写真からみる佐世保の景観変遷……山本理佳

  地形図と空中写真からみる東舞鶴の景観変遷……山神達也

  地形図と空中写真からみる大湊・田名部の景観変遷……筒井一伸

第Ⅱ部 景観に刻まれた軍港都市の諸様相

  明治後期から大正期にかけての海軍志願兵志願者の出身地……花岡和聖

  大正軍縮期前後の中舞鶴・新舞鶴 ―人口を中心とする比較分析― ……山神達也

  軍港都市の遊興空間……加藤政洋

第Ⅲ部 軍港都市の景観の行方

  戦後佐世保市における「米軍」の景観 ―佐世保川周辺の変容― ……山本理佳

  軍港都市における景観保全に対する住民の意識構造……村中亮夫

  軍港都市の住景観 ―不動産広告にみる横須賀の場所イメージ― ……埴淵知哉

お問い合わせ

京都府立大学文学部

e-mail: gakuji@kpu.ac.jp


文学部上杉和央准教授編による『軍港都市史研究2 景観編』が刊行されました。への別ルート

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.