ページの先頭です

京都府立大学 旅ともてなしの比較文化研究会編『旅ともてなしの文化論』出版(更新)

[2008年6月2日]

京都府立大学 旅ともてなしの比較文化研究会編『旅ともてなしの文化論』が出版されました。

  == 本書は日本図書館協会選定図書に選ばれました==

書籍の帯から
到れリ尽くせリが最高のサービスとは限らない。
  トラブルを招きもするが、
 人との出会いが旅の楽しみ。
異文化の人達をいかにもてなすか。
 庶民も貴族もくつろぐ温泉宿、
  作家にインスピレーションを与えたホテル、
 ポーターにタカられる旅行客など、
古今東西の事例をとおして、
今日の観光業を見つめ直す。

 春風社 2008年3月
 ISBN 9784861101465

------------------------------------------------------------------------------------

目次
英国コメディのなかのホテルともてなし―「フォルティ・タワーズ」
モーテルからアメリカが見える―アメリカ流「旅のもてなし」の変遷
旅のうさは美しき日々の思い出
ドイツ文化における旅の役割
一七、一八世紀イギリス人旅行者のフランス・スイス・イタリア紀行
俳諧師の旅と宿り―漂泊行脚の理想と現実
近世ドイツ議会への旅―馬とワインと社交
中世の有馬温泉―湯治場の娯楽
平安京のゲストハウス
旧中国の旅ともてなし

------------------------------------------------------------------------------------

お問い合わせ

京都府立大学文学部

e-mail: gakuji@kpu.ac.jp


京都府立大学 旅ともてなしの比較文化研究会編『旅ともてなしの文化論』出版(更新)への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.