ページの先頭です

平成26年度京都府立大学地域貢献型特別研究(ACTR)の成果

[2015年6月30日]

大学の研究成果を地域へ

 京都府立大学では、地域課題の解決に向けた研究に積極的に取り組むため、毎年度、地域貢献型特別研究費枠(府大ACTR)を設けています。

 平成26年度に採択され、取り組んだ研究の成果を紹介します。

【A分野】府域の課題に的確に対応し地域振興、産業・文化の発展等に貢献する調査研究
 研究課題所属代表者
職名職名
A1京都名所記の誕生-京都府立総合資料館所蔵古典籍の活用と「国際京都学」へのアプローチ-文学部教授藤原英城
A2京丹後市内における学校・公民館・寺社などの地域史資料の調査・整理・保存に関する研究文学部教授小林啓治
A3和束町の歴史と文化遺産文学部教授
講師
上田純一
向井佑介
A4植物園北遺跡の遺構・調査データの検討とその活用文学部教授菱田哲郎
A5京都歴史資料の調査・活用・公開
-舞鶴幼稚園と京田辺市-
文学部准教授東 昇
A6舞鶴市の文化遺産調査と活用文学部准教授上杉和央
A7上賀茂神社・上賀茂地区が有する文化遺産の再発見とその活用文学部講師藤本仁文
A8京都府男女共同参画センターの新たな役割と市町村支援のあり方公共政策学部教授小沢修司
A9社会的養護の下で育つ子どもたちの社会的自立支援に中小企業家が果たせる役割(社会貢献)の実証と推進及び支援体制の確立公共政策学部教授津崎哲雄
A10京都府における高等学校制度の発展と私学の役割 -今後の私学政策のあり方をめぐって-公共政策学部教授吉岡真佐樹
A11宮津市のまちづくりに対する京都府立大学の地域貢献のあり方に関する調査研究公共政策学部准教授菱木智一
A12京都府におけるパートナーシップ型地球温暖化防止活動の推進に関する研究公共政策学部准教授野田浩資
A13舞鶴市街地を赤煉瓦の景観にかえる取り組み公共政策学部講師杉岡秀紀
A14京都府農耕地土壌の粘土鉱物組成の評価と環境保全・食料生産に関わる元素吸着特性の解明生命環境科学
研究科
教授矢内純太
A15高品質柿渋の安定供給を目指した原料天王柿の生産と品質向上の技術開発生命環境科学
研究科

講師
(教授)

大迫敬義
(本杉日野)
A16府内有害鳥獣肉の機能性探索とその有効利用生命環境科学
研究科
教授牛田一成
A17琴引浜の動植物の分布と特色に関する研究生命環境科学
研究科
准教授中尾史郎
A18京都府産宇治茶の優位性確保を目指した宇治茶品種および府内在来茶品種の遺伝的特性・生理的応答の解析生命環境科学
研究科
准教授久保中央
A19京都府立大学精華キャンパスで研究を行っている「洛いも」を広くPRし、特産品としての活用を目指す研究生命環境科学
研究科
講師伊達修一
A20京都府独自の酒造米「祝」・「京の輝き」の生成酒の品質向上および「京都府大ブランド清酒」の製品化へ向けた取り組み生命環境科学
研究科
講師増村威宏
A21京のブランド産品花菜に根こぶ病を引き起こす病原菌の生理、生態に関する調査研究生命環境科学
研究科
講師辻 元人
A22チャ樹の害虫「チャノハマキホソガ」の防除に向けた生活史および集団構造の解明生命環境科学
研究科
助教大島一正
A23京野菜および花き作物の細胞構造から見た品質評価生命環境科学
研究科
助教武田征士
A24府内在来大豆を活用した新たな特産品の開発生命環境科学
研究科
教授大谷貴美子
A25食育の推進による子どもの食生活改善と健康づくりに関する研究生命環境科学
研究科
教授東 あかね
A26府施策ほんまもんブランド40推進のための京野菜への健康増進価値等の付与生命環境科学
研究科
准教授中村考志
A27ブドウの新たな品質特性「皮ごと食べやすさ」の評価手法の確立と、品質に影響を及ぼす環境要因の解明生命環境科学
研究科
准教授松井元子
A28品質を保ちつつ,効率的に楮の樹皮の黒皮を削り白皮にする方法,及び,樹皮や残った芯の和紙以外への有効活用生命環境科学
研究科
教授細矢 憲
A29近代京都の市街地の形成と建築様式・用途との関連性に関する研究生命環境科学
研究科
教授大場 修
A30住まいと住まい方における温暖化防止活動に関する研究生命環境科学
研究科
教授松原斎樹
A31他素材との組み合わせによる「西陣織+X」製品の開発とマーケット調査による若者評価及び開発の方向性の検証生命環境科学
研究科
教授三橋俊雄
A32伊根浦舟屋群の保全・継承のあり方についての検討-生活文化的・民俗学的視点からの調査を通して-生命環境科学
研究科
教授三橋俊雄
A33天橋立の近代史と保養:水際の保養文化に関する史的国際研究生命環境科学
研究科
講師松田法子
A34天橋立周辺の植生景観の変遷とクロマツ林の成立時期の解明 -天橋立の世界文化遺産登録をめざして-生命環境科学
研究科
教授高原 光
A35ニホンジカの食害による貴重な植物群落の被害実態と植生復元方策に関する研究生命環境科学
研究科
教授高原 光
A36地域ごとの課題の解決に向けた、森林資源を活用した製品のブランド化生命環境科学
研究科
准教授古田裕三
A37丹後地域における里山林萌芽更新の可能性と里山林整備損益分析生命環境科学
研究科
助教長島啓子
A38綾部市における原木生産から木材供給までのシステム構築生命環境科学
研究科
助教長島啓子
A39宇治市炭山区における住民主導型の災害に強い地域づくりと森林整備に関する実践的研究生命環境科学
研究科
助教三好岩生
※所属・職名は、平成26年度時点

※平成26年度は、B分野(京都の文化、歴史、産業、自然等を全国又は世界に広く発信する調査研究等)の特別研究は行っておりません。

お問い合わせ

京都府立大学京都地域未来創造センター担当

電話: 075-703-5319・5390 FAX: 075-703-4979

e-mail: kirpinfo@kpu.ac.jp


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.