ページの先頭です

「人類の思想的営みとしての宗教遺産の形成に関する総合的研究 」の研究成果報告シンポジウムが行われました。

[2014年10月17日]

「人類の思想的営みとしての宗教遺産の形成に関する総合的研究 ― 宗教遺産学の構築に向けて―」研究成果報告シンポジウム

 2014年10月10日(金曜日)から11日(土曜日)の2日間にわたって、科学研究費「人類の思想的営みとしての宗教遺産の形成に関する総合的研究(Cultural Heritage in Religion: Its Meaning and Preservation) ― 宗教遺産学の構築に向けて―」の研究成果報告シンポジウムが、アメリカ合衆国ボストン市のハーヴァード大学のライシャワー日本研究所で行われました。

 これは、5年間にわたる科学研究費(基盤研究A)をもとにしたもので、本学からは文学部歴史学科菱田哲郎教授、中純夫教授、阿部拓児准教授、上杉和央准教授、岡本隆司准教授、川瀬貴也准教授が参加、発表をしました。この科学研究費のリーダーは、前本学准教授、現京都大学准教授の上島享氏です。シンポジウムは日本側の研究者の成果に対して、アメリカの日本研究者、宗教研究者がレスポンスをするというもので、濃密な議論が繰り広げられました。2日間の発表題目と討論者の一覧は以下の通りです。

シンポジウムの発表題目と討論者

10

挨拶:  ヘレン・ハーデカー   Helen HARDACRE, Harvard University

              上島享(京都大学)

 

パネル1: 日本における文化財保存と遺産学の現状と課題 

高木博志(京都大学)「近代日本の文化財保護と「日本文化」」

上杉和央(京都府立大学)「日本の「文化財」概念の現状と課題」

Respondents: トレント・マクシー  Trent MAXEY, Amherst College

デビッド・ハウエル  David HOWELL, Harvard University

山岸常人(京都大学)「文化財保存の実態と歴史研究―寺社建築を中心に―」

Respondent: 阿部龍一  Ryuichi ABÉ, Harvard University

 

パネル2: 東アジアの思想・儀礼より遺産学を考える 

眞壁仁(北海道大学)「日本における儒礼の受容と展開 ―昌平黌の釈奠改革を中心に―」

中純夫(京都府立大学)「宗教遺産学の射程 ―中国文廟従祀制度をめぐって―」 

Respondent:        阿部龍一  Ryuichi ABÉ, Harvard University

岡本隆司(京都府立大学)「儒教の運命と近現代中国」

Respondent:ジェームズ・ロブソン  James ROBSON, Harvard University

 

11

パネル3: 宗教空間より遺産学を考える

菱田哲郎(京都府立大学)「日本古代における宗教空間の形成」 

阿部泰郎(名古屋大学)「聖徳太子の宗教遺産 ― 法隆寺上宮王院の宗教空間と聖遺物としての太子宝物―」

Respondent:  サミュエル・モース   Samuel MORSE, Amherst College

阿部美香(昭和女子大学)「宗教遺産としての融通念仏縁起絵巻 ― 絵巻が創造・展開する宗教空間―」

山本聡美(共立女子大学)「宗教遺産としての中世仏教説話画 ― 聖衆来迎寺蔵「六道絵」閻魔王庁幅に集積された知を読み解く―」

Respondent:  メリッサ・マコーミックMelissa MCCORMICK, Harvard University

 

パネル4: 宗教遺産学の構築に向けて ―全体を統括して―

川瀬貴也(京都府立大学)「宗教遺産学と近代宗教概念」

上島享(京都大学)「日本の宗教文化の特質を考える ―〈宗教遺産学〉が目指すもの―」 

Respondents: ブライアン・ルパートBrian RUPPERT, University of Illinois at Urbana-Champaign

トマス・コンランThomas CONLAN, Princeton University 

阿部拓児(京都府立大学)「メソドロジーとしての宗教遺産学 ― 日本人西洋古代史家の視点から―」

Respondent:  ヘレン・ハーデカー   Helen HARDACRE, Harvard University

 

パネル5:総論 ラウンドテーブル・ディスカッション


報告の様子

参加者

ポスター


 今回のシンポジウムの会場を提供して頂き、全米から優れた研究者を呼んで下さった、ハーヴァード大学のハーデカー先生、阿部龍一先生をはじめとするライシャワー研究所の皆様に、篤く御礼申し上げます。(文責:川瀬貴也)

お問い合わせ

京都府立大学文学部

e-mail: gakuji@kpu.ac.jp


「人類の思想的営みとしての宗教遺産の形成に関する総合的研究 」の研究成果報告シンポジウムが行われました。への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.