ページの先頭です

文学研究科の院生が大阪ガスエネルギー・文化研究所主催のまち歩きイベントの企画・案内を実施しました。

[2014年10月9日]

「上町台地今昔フォーラムVol..2 台地の遠足 浪花の町衆が愛した「自然」~身近な名所・名産・遊山・風景~」


   大阪ガスエネルギー・文化研究所(CEL)、U-CoRoプロジェクト・ワーキング主催による、まち歩きイベント「上町台地今昔フォーラムVol..2 台地の遠足 浪花の町衆が愛した「自然」~身近な名所・名産・遊山・風景~」が開催され、本学大学院生が企画に参画し、案内人として案内を実施しました。

開催概要


・開催日時:2014年9月23日(火・祝)14:00~17:30
・主催:大阪ガスエネルギー・文化研究所(CEL)
・企画:U-CoRoプロジェクト・ワーキング、島本多敬(京都府立大学院文学研究科史学専攻・博士前期課程2回生)
・案内人 島本多敬
・参加者:24名

イベントの様子


   近世・近代の浪花の町衆が日常の暮らしのなかで親しんできた、上町台地の地理的特性が生み出した豊かな自然や雄大な景観を、絵図、古写真、街道の道標など、身近な名所・名産・遊山の痕跡を手掛かりにとらえる、という趣旨のもと、大阪市の玉造地域周辺のまち歩きが行われました。
   当日は24名の参加者が集まり、大阪ガス実験集合住宅「NEXT21」を会場にガイダンスを行った後、同所をスタート。越中井、玉造稲荷神社、三光神社、真田山旧陸軍墓地、城南寺町などの寺町群ほか各所を、解説・クイズを交えて巡り、最終目的地の高津宮へ到着・解散となりました。
   玉造稲荷神社、真田山旧陸軍墓地、高津宮では、神職・地域住民のご協力による解説も設けられました。参加者は道中の景観に残された過去とのつながりに触れ、また、解説に熱心に耳を傾けており、まち歩きは盛況を博しました。

(文学研究科史学専攻・博士前期課程2回 島本多敬)



まち歩きの様子

お問い合わせ

京都府立大学文学部

e-mail: gakuji@kpu.ac.jp


文学研究科の院生が大阪ガスエネルギー・文化研究所主催のまち歩きイベントの企画・案内を実施しました。への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.