ページの先頭です

生命環境科学研究科の院生が「日本進化学会第16回大阪大会最優秀ポスター賞」を受賞しました

[2014年10月1日]

応用昆虫学専門種目の院生が「日本進化学会第16回大阪大会最優秀ポスター賞」を受賞

本学生命環境科学研究科応用昆虫学専門種目の院生が上記賞を受賞しました。

日本進化学会が主催する同学会年大会(第16回大阪大会/平成26年8月21日(木)~24日(日)於:高槻現代劇場)におけるポスター発表総数83件のうち2件が最優秀賞として表彰されたものです。

受賞者

応用生命科学専攻 博士前期課程2回生

広岡 佑太

受賞題目

「セスジアメンボの翅型決定に関わるゲノム領域の推定に向けた試み」

日本進化学会について

日本進化学会は、進化に関する広範な研究および教育を推進し、我が国におけるこの分野の発展に寄与することを目的として平成11年に設立。

研究発表会、学術講演会の開催、機関誌の発行、賞の授与等、上記目的を達成するための様々な事業を行っている。


生命環境科学研究科の院生が「日本進化学会第16回大阪大会最優秀ポスター賞」を受賞しましたへの別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.