ページの先頭です

平成25年度京都府立大学地域貢献型特別研究(ACTR)の成果

[2014年6月20日]

大学の研究成果を地域へ

 京都府立大学では、地域課題の解決に向けた研究に積極的に取り組むため、毎年度、地域貢献型特別研究費枠(府大ACTR)を設けています。

 平成25年度に採択され、取り組んだ研究の成果を紹介します。

【A分野】府域の課題に的確に対応し地域振興、産業・文化の発展等に貢献する調査研究
  研究課題所属代表者
職名氏名
A1現代版『京童』へのアプローチ
―「国際京都学」研究における京都府立総合資料館所蔵古典籍活用の可能性―
文学部教授藤原英城
A2和束町の歴史と文化遺産文学部教授上田純一
A3丹後地域を題材とした博物館展示の主題・構成に関する研究文学部教授小林啓治
A4舞鶴市の文化遺産調査と活用文学部准教授上杉和央
A5上賀茂神社所蔵史料を用いた洛北地域の歴史・文化の研究文学部講師藤本仁文
A6洛北地域の活性化に向けた北山文化・環境ゾーンの活用・PR方策の検討公共政策学部教授青山公三
A7京都府における高等学校制度の発展と私学の役割
-1970年代以降の私立学校の歩みと今後のあり方についての研究-
公共政策学部教授吉岡真佐樹
A8社会的養護の下で育つ子どもたちの自立支援と中小企業の役割公共政策学部教授津崎哲雄
A9京都府北部地域における聴覚障害者の社会参加に関する実態調査と今後の福祉施策の提言公共政策学部教授上掛利博
A10京都府の状況と全国の先進事例の比較から見た日常生活自立支援事業・成年後見事業・市民後見人養成事業における市町村社会福祉協議会、ならびに専門職後見人として司法書士、行政書士の役割公共政策学部准教授瀬々敦子
A11宮津市のまちづくりに対する京都府立大学の地域貢献のあり方に関する調査研究公共政策学部准教授藤沢 実
A12持続可能な都市発展に向けた環境政策とその財政運営に関する研究公共政策学部准教授川勝健志
A13京都府健康福祉部介護・地域福祉課、北部地域福祉事業所との連携による京都府北部地域における地域内福祉人材養成システムの構築公共政策学部准教授中根成寿
A14舞鶴市の中心市街地における「赤レンガ」の景観・町並みのあり方を先進事例を踏まえ、調査・研究し、舞鶴市ならではの「赤レンガ」を活用したまちづくりを提案する。公共政策学部講師杉岡秀紀
A15竹林間伐材を利用した竹粉および竹粉炭の特性評価と水田苗代用培土としての有効性の検討生命環境科学
研究科
教授矢内純太
A16グローバルな視点をもつ人材育成のための関西学研都市における実践研究:国際中学生キャンプの試行生命環境科学
研究科
准教授織田昌幸
A17京都木材規格の検証・改善と公共建築物等への京都産材利用による経済波及効果の算出
-京都府立大学北山キャンパスを例に-
生命環境科学
研究科
准教授古田裕三
A18総合的快適感の向上によるエコオフィス活動の推進に関する研究生命環境科学
研究科
教授松原斎樹
A19筍の缶詰製造時に排出されるボイルした筍の煮汁が発する悪臭の無臭化に関する研究生命環境科学
研究科
准教授宮崎孔志
A20学生の感性を活かした新しい西陣織製品の開発・研究生命環境科学
研究科
教授三橋俊雄
A21京のブランド産品花菜に根こぶ病を引き起こす病原菌の生理、生態に関する調査研究生命環境科学
研究科
講師辻 元人
A22品質を保ちつつ、効率的に楮の樹皮の黒皮を削り白皮にする方法,及び,樹皮や残った芯の和紙以外への有効活用生命環境科学
研究科
教授細矢 憲
A23亀岡市旧篠山街道および周辺地域における文化的景観に関する調査研究生命環境科学
研究科
教授大場 修
A24丹後地域における未利用森林資源量の把握と活用誘導策の検討生命環境科学
研究科
助教長島啓子
A25琴引浜の景観と観光資源動植物の保全に関する基礎的研究生命環境科学
研究科
准教授中尾史郎
A26高性能林業機械の導入を前提とした路網整備と森林ゾーニング生命環境科学
研究科
教授田中和博
A27環境浄化用竹炭加工品の科学的評価生命環境科学
研究科
准教授古田裕三
A28保養地としての天橋立考:水際の保養文化に関する史的国際研究生命環境科学
研究科
講師松田法子
A29府立大学で育成したダイショの精華町における特産物化および緑のカーテンとしての普及生命環境科学
研究科
講師伊達修一
A30天橋立周辺の植生景観の変遷とクロマツ林の成立時期の解明
-天橋立の世界文化遺産登録をめざして-
生命環境科学
研究科
教授高原 光
A31京都府独自の酒造好適米「祝」およびその生成酒の品質向上へ向けた特性解明に関する研究生命環境科学
研究科
講師増村威宏
A32京野菜に健康増進の付加価値を与えることによる需要創出と消費量拡大の実現戦略生命環境科学
研究科
准教授中村考志
A33小菊の開花期予測を可能にする形態マーカーの関係生命環境科学
研究科
助教武田征士
A34ブドウ果皮の食べやすさを表す評価法の開発と果皮の食べやすさに関与する環境要因の解明生命環境科学
研究科
教授本杉日野
A35チャ樹の害虫「チャノハマキホソガ」の防除に向けた生物学的基盤情報の整備生命環境科学
研究科
助教大島一正
A36アカモク中のフコキサンチンの鶏卵への効率移行生命環境科学
研究科
教授佐藤健司
A37木製治山ダムの維持管理手法の開発
-周辺環境が部材の強度低下に与える影響-
生命環境科学
研究科
准教授田淵敦士
A38ツキノワグマの出没地域予測・注意情報発信システムの開発生命環境科学
研究科
教授田中和博
A39丹波黒大豆の規格外品の有効利用生命環境科学
研究科
准教授松井元子
A40チャの栽培における過度の被覆による樹勢低下回避を目指した被覆に対するストレス応答の解析生命環境科学
研究科
講師森田重人
A41丹波漆を再興するための総合戦略生命環境科学
研究科
教授椎名 隆
【B分野】京都の文化、歴史、産業、自然等を全国又は世界に広く発信する調査研究等
  研究課題所属代表者
職名氏名
B1京都地域情報・文化遺産データベースのコンテンツ作成と活用文学部准教授東 昇
       ※所属・職名は、平成25年度末時点

お問い合わせ

京都府立大学京都地域未来創造センター担当

電話: 075-703-5319・5390 FAX: 075-703-4979

e-mail: kirpinfo@kpu.ac.jp


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.