ページの先頭です

公開講座「京都産酒造用掛米新品種・京の輝きの誕生」開催報告

[2013年1月31日]

平成24年度京都府立大学地域貢献型特別研究(ACTR)
「酒造用掛米として優れた京都産新品種を用いた、酒造に係る最適な搗精・醸造方法の開発」
公開講座「京都産酒造用掛米新品種・京の輝きの誕生」を開催しました。

日  時  平成25年1月18日(金)14時~16時30分
場  所  月桂冠株式会社「昭和蔵ホール」
内  容
 司会進行係:京都府農林水産技術センター農林センター 今井部長
14:00-14:10 はじめに 京都府立大学大学院生命環境科学研究科 牛田 研究科長
  主催者として開会の挨拶があり、地域貢献型研究に関する説明があり、本課題は期待が大きい取組であると紹介された。

14:10-14:40 講演1  新品種「京の輝き」の紹介 
 京都府農林水産技術センター農林センター 大橋 善之 主任研究員
  京都府のブランド化事業の紹介、新品種「京の輝き」の育成経過、栽培特性、今後の栽培計画などの報告があった。会場からは、酒造好適米の特徴である心白の有無、京の輝きに適した酵母の種類、病害虫に対する対策に関する質問などがあった。

14:40-15:10講演2  米のタンパク質とお酒の関係
 京都府立大学大学院生命環境科学研究科 増村 威宏 講師
  米のタンパク質の概要、タンパク質とお酒との関係性、米粒内におけるタンパク質の分布状態などに関する報告があった。会場からは、酒造に関わるタンパク質と味に関わるタンパク質の違い、「京の輝き」を精白した際のタンパク質の分布などに関する質問があった。

15:20-15:50講演3  美味しいお酒の飲み方
 月桂冠株式会社技術部品質保証課  中野 真知 主査
  美味しいお酒の飲み方、お酒の種類の違い、食事とお酒の相性、きき酒の仕方などの報告があった。会場からは、赤米を使ったお酒、電子レンジ用のとっくり、お屠蘇の効能などに関する質問があった。

15:50-16:20 「京の輝き」による仕込み酒の試飲 
 伏見酒造組合/伏見醸友会 酒米研究委員会
  伏見醸友会 酒米研究委員会の藤原委員より、「京の輝き」を用いた仕込み酒の製造上の特徴、酒造米としての適性、生製酒の酒質、などに関する説明があった。その後、きき猪口1杯分の試飲が行われた。

16:20-16:30 おわりに 京都府農林水産技術センター農林センター 樫本 センター長
  閉会の挨拶があった。本日の公開講座を機会に「京の輝き」を広く知って頂きたいとの言葉をもって、閉会した。

主  催  京都府立大学、京都府農林水産技術センター 農林センター
共  催  伏見酒造組合、京都植物バイテク談話会
協  力    月桂冠株式会社、JA京都中央会、JA全農京都

お問い合わせ

京都府立大学 生命環境科学研究科遺伝子工学研究室
 増村威宏(担当)
 電話&FAX:075-703-5675
E-mail: masumura@kpu.ac.jp

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.