ページの先頭です

本学大学院の教育研究上の目的について

[2018年1月15日]

本学大学院では教育研究上の目的を学則において専攻ごとに以下のように定めている。

 京都府立大学大学院は、京都府における知の拠点として、広く人文・社会・自然の諸分野にわたる学術の理論及び応用を教授研究し、世界水準の優れた研究者を養成するとともに、また高度の専門性をもつ職業を担うための深い学識及び卓越した能力を培い、その成果を健康と福祉の向上、産業の振興、文化の継承発展、国際社会の調和ある発展に活かすことを目的とする。

  1. 国文学中国文学専攻は、日本語学・日本文学・中国文学の各分野について独創的な研究を行うとともに、三分野を関連づけた学際的な研究をも推進できる研究者及び専門的能力を有する高度な職業人を養成する。
  2. 英語英米文学専攻は、英文学・アメリカ文学・英語学において、国際的な視 野、優れた研究能力及び高度な英語運用能力を有する研究者並びに専門的能力を有する高度な職業人を養成する。
  3. 史学専攻は、日本・アジア・ヨーロッパに関する史資料を深く分析し、新たな視座を提示しつつ、国際的な視野から歴史の諸事象を考察する研究者及び専門的能力を有する高度な職業人を養成する。
  4. 公共政策学専攻は、福祉社会を創造するため、地域・自治体の政策立案及び管理運営に寄与しうる専門的能力を有する研究者並びに高度な職業人を養成する。
  5. 福祉社会学専攻は、福祉社会を創造するため、地域の福祉と人びとの生涯発達に寄与しうる専門的能力を有する研究者並びに高度な職業人を養成する。
  6. 応用生命科学専攻は、農学、生命科学、食保健学、物質科学に関する学際的 かつ専門的な教育研究を通じて、高度な専門的能力を有する研究者並びに社会における実践能力及び指導力を有する高度な職業人を養成する。
  7. 環境科学専攻は、人と自然とが持続的に共生するためのあり方を探求するため、人の生活環境から自然生態系にいたる環境を対象とした教育研究を通じて、生活環境科学、環境数理情報学の専門的・学際的能力を有する研究者及び高度な職業人を養成する。

(京都府立大学大学院学則第1条及び第6条より)

お問い合わせ

京都府立大学広報委員会(Web広報担当)

電話: 075-703-5212 FAX: 075-703-4979

e-mail: kikaku@kpu.ac.jp


本学大学院の教育研究上の目的についてへの別ルート

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.