ページの先頭です

生命環境科学研究科・山川 肇准教授 「拡大生産者責任の環境経済学」刊行

[2010年11月25日]

   

 本学 生命環境科学研究科 環境科学専攻(生命環境学部 環境デザイン学科)の山川 肇 准教授が編著者となった『拡大生産者責任の環境経済学-循環型社会形成にむけて-』が刊行されました。

  植田和弘/山川 肇 編著

  昭和堂 2010年10月(327頁)ISBN: 9784812210406

 

本の表紙

【目 次】

第Ⅰ部 拡大生産者責任政策の論点

 第1章 容器包装リサイクル法の発生抑制効果と論点(山川肇・植田和弘)

 第2章 拡大生産者責任政策によるリサイクル市場の創出とその特徴(栗田郁真)

 第3章 デュアルシステムの導入による廃棄物管理政策への効果と影響(治田純子)

 第4章 ドイツ容器包装政令における拡大生産者責任――草案作成段階での政策手段の選択過程(喜多川進)

 第5章 拡大生産者責任政策の現状と課題――日本とドイツの容器包装を事例として(郡嶌孝・山川肇)

 第6章 容器包装リサイクルにおける自主協定と拡大生産者責任(石川雅紀)

 第7章 強制デポジットと拡大生産者責任(沼田大輔)

 第8章 国際資源循環と拡大生産者責任(新熊隆嘉)

 

第Ⅱ部 拡大生産者責任の経済理論第9章 拡大生産者責任の経済学的基礎(細田衛士)

 第9章 拡大生産者責任の経済学的基礎(細田衛士)

 第10章 リサイクルシステムにおける垂直統合としての拡大生産者責任政策(西村一彦)

 第11章 収穫逓増下の環境政策としての拡大生産者責任――家電リサイクルを例に(岡敏弘他)

 第12章 外部性の内部化と拡大生産者責任――一般均衡分析からの含意(小出秀雄)

 第13章 拡大生産者責任政策が生産量,回収量,DfEに与える影響――部分均衡分析による分析(我妻伸彦)

 第14章 拡大される生産者責任の内容とその根拠(山川肇・植田和弘)

 

第Ⅲ部 循環型社会における費用負担と拡大生産者責任 

 第15章 環境法における費用負担(大塚直)

 第16章 拡大生産者責任と汚染者負担原則――環境政策原理と廃棄物政策原理(淺木洋祐)

 

終 章 拡大生産者責任論の発展に向けて――残された論点と課題(山川肇・植田和弘)

 

Web付録【資料編】 「拡大生産者責任に関するOECDガイダンス・マニュアル」

お問い合わせ

京都府立大学生命環境学部

e-mail: gakuji@kpu.ac.jp


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.