ページの先頭です

公開シンポジウム「祈りの東西」を開催しました

[2010年11月8日]

公開シンポジウム「祈りの東西 ―背教者ユリアヌスから藤原道長へ・宗教遺産
からみる信仰の歴史―」を開催しました。

 去る11月6日土曜・午後1時より、文学部ならびに地域連携センター主催の公開シ
ンポジウム「祈りの東西 ―背教者ユリアヌスから藤原道長へ・宗教遺産からみ
る信仰の歴史―」を開催しました。
 このシンポジウムでは、ローマ帝国の神殿や孔子廟、日本の古代・中世の社寺
を例に取り、その比較から「宗教遺産」にみられる信仰の歴史をとらえようとし
ました。
 当日は一般から100余名の方々のご参会をいただき、盛況のうちにシンポジウ
ムを行うことができました。ご参会くださいました皆様には厚く御礼申し上げま
す。
 今回の趣旨でありました、人々の信仰活動そのものも遺産ととらえ、心と物の
両方から、京都にも数多い宗教遺産のありようをとらえるというプロジェクトに
ついて、ご好評をいただくことができました。
 また、多くのご質問やご要望もいただきましたので、プロジェクトでそれらに
もお応えできるよう、今後、研究を進めていく所存です。今後ともご支援、ご助
言を賜りますようよろしくお願いいたします。

 

討論の様子

お問い合わせ

京都府立大学文学部

e-mail: gakuji@kpu.ac.jp


公開シンポジウム「祈りの東西」を開催しましたへの別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.