ページの先頭です

消費トラブル等への対応について

[2011年1月1日]

トラブル事例

悪質商法が若者をねらっています

うまい話にだまされないように。

   ● マルチ商法

   ● 電話勧誘販売

   ● アポイントメントセールス

   ● 資格商法

   ● キャッチセールス

   ● アパート・マンションの賃貸借契約に関するトラブル       

 

悪質な「利用した覚えのない請求」が横行しています

国民生活センター

架空請求への対処法(国民生活センター)
    (1)利用していなければ払わない
    (2)最寄りの消費生活センターへ相談してみる
    (3)これ以上、電話番号などの個人的な情報は知らせない
    (4)証拠は保管
    (5)警察へ届け出を

 

相談窓口

  ● 京都府消費生活安全センター
  ● 京都市消費生活総合センター
  ● 学生相談室
  ● 学生担当

お問い合わせ

京都府立大学学務課学生担当

電話: 075-703-5124 FAX: 075-701-2474

e-mail: gakuseik@kpu.ac.jp


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.