ページの先頭です

生命環境科学研究科・塚本康浩教授が、産学官連携功労者表彰「文部科学大臣賞」を受賞

[2009年7月1日]

 本学 生命環境科学研究科(応用生命科学専攻)の塚本康浩教授が、この度、産学官連携功労者表彰において、「文部科学大臣賞」を受賞されました。

 産学官連携功労者表彰は、大学、公的研究機関、企業等の産学官連携活動において、大きな成果を収め、また、先導的な取組を行う等、産学官連携の推進に多大な貢献をした優れた成功事例に関し、その功績を称えることにより、我が国の産学官連携の更なる進展に寄与することを目的とするものです。

 受賞内容は、「ダチョウによる新たな抗体大量作製技術を用いた鳥インフルエンザ防御用素材の開発」で、表彰式は、6月20日(土)、京都国立国際会館で開催された「第8回産学官連携推進会議」において行われました。

 

 

ダチョウによる新たな抗体大量作製技術を用いた鳥インフルエンザ防御用素材の開発

【受賞理由】

 京都府立大学の塚本康浩教授は、ダチョウの卵黄を利用し、従来のマウスなどを用いる方法に比べ、低コスト(従来の1/4000程度)で大量に、反応性に優れた抗体を作製する方法を確立した。

 (独)科学技術振興機構(JST)の支援を受けて設立した大学発ベンチャー・オーストリッチファーマ(株)で高病原性鳥インフルエンザウイルスH5N1の感染力を不活性化するダチョウ抗体を大量作製し、CROSSEED(クロシード)(株)が、インフルエンザ感染防御用の抗体マスクとして販売した。また、他のインフルエンザウイルスや病原体に対する抗体の作製にも成功し、今後も幅広い商品開発が期待できる。

 本事例はベンチャー企業同士の連携により、大学発の技術を実用化した優れた事例と言える。

 

表彰式風景

野田聖子 内閣府特命担当大臣(科学技術政策)に説明する塚本教授(中央)

お問い合わせ

京都府立大学 学務課(生命環境科学研究科担当)

TEL:075-703-5179  FAX:075-703-5119


生命環境科学研究科・塚本康浩教授が、産学官連携功労者表彰「文部科学大臣賞」を受賞への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.