ページの先頭です

宮津高校サイエンスパートナーシッププロジェクトとの連携

[2008年9月16日]

 2008年9月14日と15日の2日間、宮津高校サイエンスパートナーシッププロジェクトの一環として、宮津高校生13名、本学環境デザイン学科3回生2名と教員3名の計18名が参加して、由良の里自然公園(エコパーク)づくりのための、池の生物や野鳥の観察用ウッドデッキの制作を行いました。

 

 台風で倒れた30年ものの長さ8メートルの杉材を7本、枕に使う太い2メートルの杉材を8本、皮をむき、人力で30分もの道のりを山の作業場から公園の池まで運びました。

 

 ユンボ(土木建設用油圧ショベル)の力を借りて、丸太を皆で池の中に引き入れ、二日がかりでようやく立派な観察用ウッドデッキが完成しました。

 

 高校生たちも、2日間の合宿生活や地元の公園作りに汗を流し、充実感を味わったようです。

丸太運び
完成

お問い合わせ

大学院生命環境科学研究科
環境科学専攻生活デザイン学研究室 教授 三橋俊雄
TEL:075-703-5435

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.