ページの先頭です

文学部歴史学科岡本隆司教授著『「中国」の形成 現代への展望』が刊行されました。

[2020年11月18日]

文学部歴史学科岡本隆司教授、『「中国」の形成 現代への展望』を刊行


岡本隆司著
『「中国」の形成 現代への展望』

岩波書店 238頁 岩波新書2020年7月発行
定価:本体820円(税別)
ISBN:9784004318088

【目次】

はじめに――カオスのなかから

第一章 興隆
 一 遼東
 二 入関
 三 沿海――互市
 四 草原――モンゴル・チベット
 五 隣国――ロシア・朝鮮

第二章 転換
 一 到達――清朝の素描
 二 雍正
 三 限界

第三章 「盛世」
 一 乾隆――その人・その時代
 二 経済
 三 社会
 四 分岐
 五 構造

第四章 近代
 一 矜恃
 二 暗雲
 三 破綻
 四 清末

第五章 「中国」
 一 転変
 二 民国
 三 革命

おわりに――混迷の現代
あとがき

表紙

お問い合わせ

京都府立大学文学部

e-mail: gakuji@kpu.ac.jp


文学部歴史学科岡本隆司教授著『「中国」の形成 現代への展望』が刊行されました。への別ルート

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.