ページの先頭です

令和元年度桜楓講座(秋の部)を開催します。

[2019年11月18日]

令和元年度 桜楓講座(秋の部)のご案内

京都府立大学では、毎年春と秋に公開講座「桜楓講座」を開講しています。

各学部の教員が各々の研究内容を分かりやすく解説し、毎回ご好評をいただいています。

秋の部は、京都府立医科大学と連携して京都府公立大学法人連続講座として開催します。

○11月9日(土)

「京都の多様な森林と大学の森~演習林~」 

  生命環境科学研究科教授 高原 光(たかはら ひかる)


 京都府は南北に長いため日本海側地域と内陸地域で雪や雨の降り方の違いなど、気候が異なり、それに対応して森林を構成する樹木の種類も異なっています。

 本講座では、シイノキなどの照葉樹林、落葉広葉樹のブナ林、天然のスギ巨木林、さらに、茶室の文化と結びついた北山スギの人工林などの多様な京都の森を、京都府立大学の6カ所の大学の森を紹介しながら、そこに生育する樹木や草本の特徴も交えて解説します。さらに、氷河期以降の過去数万年にわたって現在の森が形成されてきた歴史も紹介します。

 

○11月24日(日)

「外国人労働者受入れの現状と課題」

  公共政策学部教授 中島 正雄(なかじま まさお)


 現在、労働法は様々な問題に直面しています。例えば、「働き方改革」が進められる中、職場では長時間労働の規制強化や正社員と非正規労働者との間の格差の是正が求められています。外国人労働者の受入れ拡大に伴い、彼らの処遇や就労環境を整備することが急務になっています。さらに、インターネット上の仲介業者を介して仕事を受注する個人請負が急増しており、こうした個人請負事業主への労働法の適用が問題になっています。

 本講座では、これらの問題の中から、いくつかをピックアップして、労働法の適用のあり方、立法的課題について考えます。

 

時間: 10:00~12:00

会場: 京都府立大学 稲盛記念会館 103教室

☆講演前に、本学学生による課外活動発表(5分程度)を行う予定です。

申込みについて

募集期間 

11月9日(土)開催…11月8日(金)まで
11月24日(日)開催…11月22日(金)まで

*定員(120名)に達した場合、申込みを締め切らせていただく場合があります。

受講料 無料

申込・問合せ先 

はがき、FAX又はE-mailで、希望する受講日・住所・氏名(フリガナ)・電話番号をご記入のうえ、下記申込先までお申し込みください。

*お申し込みの際の個人情報は、本講座の事務連絡及び本学公開講座等のご案内以外の目的で使用することはありません。
*申し込まれた方は、特に連絡がない限り参加が可能ですので、当日、会場へお越しください。
*駐車場がございませんので、ご来場には公共交通機関をご利用ください。

〒606-8522 (住所記入不要)京都府立大学京都地域未来創造センター
TEL/FAX 075-703-5319
E-mail kirpinfo@kpu.ac.jp

詳しくは、下のチラシをご覧ください。

案内チラシ

Adobe ReaderPDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

京都府立大学京都地域未来創造センター担当

電話: 075-703-5319・5390 FAX: 075-703-4979

e-mail: kirpinfo@kpu.ac.jp


令和元年度桜楓講座(秋の部)を開催します。 への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.