ページの先頭です

公的研究費の不正使用防止

[2016年2月18日]

 京都府立大学では、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成19年2月15日文部科学大臣決定、平成26年2月18日改正)に基づき、「京都府立大学における公的研究費に係る不正防止対策に関する規程」等を定め、研究費の不正使用を防止するための取組を推進しています。

 

 

 

責任体制
責任者 職名等 責任と権限 
 最高管理責任者学長 

 公的研究費の運営・管理に関して、最終的な責任を負う。
 統括管理責任者及びコンプライアンス推進責任者が責任を持
って公的研究費の運営・管理が行えるよう、適切にリーダーシ
ップを発揮する。 

 統括管理責任者

副学長
(研究担当) 

 最高管理責任者を補佐するとともに、公的研究費の運営・管
理について機関全体を統括し、研究費の不正使用を防止するた
め適切な措置を講じる。
 機関全体の具体的な対策を策定・実施し、実施状況を確認す
る。 

 コンプライアンス推進責任者各学部・研究科長  各学部・研究科における公的研究費の運営・管理について実質的
な責任と権限を持つ。
 統括管理責任者の下、各学部・研究科における対策の実施及び実
施状況の確認やコンプライアンス教育の実施等を行う。 
 コンプライアンス推進副責任者

コンプライアンス
推進責任者が指名
する者 

 コンプライアンス推進責任者の指示の下、コンプライアンスの推
進業務を行う。

 

■研究費の不正使用に関する通報等窓口

  窓口 : 企画課
  電話 : 075-703-5147
  FAX : 075-703-4979
  E-mail: kikaku@kpu.ac.jp

 

  ・通報等(研究費の不正使用等に関する通報及び告発)は、書面(FAX、電子メールを含む。)、電話、面談に
  より行うことができます。
  ・通報等は、原則として顕名により行うこととなっています。ただし、客観的に事実が説明できる資料があるとき
  は、匿名により行うことができます。
  ・通報者は、その責務として、不正の利益を得る目的、他人に損害を加える目的その他不正の目的で通報等をして
  はいけません。また、客観的事実に基づき、誠実に通報等を行うとともに、当該通報等に係る調査に協力しなけれ
  ばいけません。

 


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.