ページの先頭です

文学部 上田純一教授著『足利義満と禅宗』刊行

[2011年9月15日]
足利義満と禅宗表紙

本学文学部 上田純一教授著『足利義満と禅宗』が刊行されました。

法蔵館
2011年8月(220ページ)ISBN 978-4-8318-7585-3 
 
書籍帯より
「なぜ、禅僧が外交を担えたのか:時に外交シェルパとして、幕府の対外政策を左右する立場にさえあった中世の禅僧たち。足利義満は彼らをどのように政治の舞台に利用していったのだろうか?日明の禅宗が果たした歴史的役割に迫る!」
 
==================================
目次:
第一章 日明国交回復への道
第二章 国交樹立
第三章 明朝の禅宗
第四章 日明両国を結ぶ禅僧たち
第五章 博多・兵庫における禅宗の展開
終章  国交断絶
おわりに
==================================


お問い合わせ

京都府立大学文学部

e-mail: gakuji@kpu.ac.jp


文学部 上田純一教授著『足利義満と禅宗』刊行への別ルート

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.