ページの先頭です

本学教職課程を履修する皆さんへ(第1号)

[2020年4月10日]

本学教職課程を履修する皆さんへ(第1号)

 

本学教職課程を履修する皆さんへ

                                                                                                                                                        京都府立大学教職センター                                                                                                                                                                                                                                                                                                   副センター長 長谷川 豊

 新年度を迎えて1週間余り、いま世界中に新型コロナウイルス感染症が拡大、蔓延し、日本でも「非常事態宣言」が出されるなど、人類・社会にとって未曽有の危機に直面しています。

 早期の収束・終息が見通せない中、学校・園の休校・休業措置等が相次ぎ、長期化しています。子どもたちの学び・成長や進学・進路の保障と、命や健康、生活を守ることとの挟間で、保護者はもちろんですが、学校教員をはじめとする教育関係者も大きなジレンマを抱えつつ、学校教育活動の再開、教育保障に向けて様々な模索と並々ならぬ努力を日々続けておられます。

 今年度に教育実習・栄養教育実習や介護等体験に参加を予定する皆さんにとって、また学校教員を目指して今夏の教員採用試験受験の準備を進める皆さんにとっても、履修ガイダンスも前期授業も始まらず、健康診断も受けられず、相談したくとも大学にも登校できず、大変不安な日々を送っておられることと思います。

 教職センターとして、早期に十分な情報提供も行うことができずにいる点、本当に申し訳ありません。皆さんに、できる限り早く正確な情報の提供ができるよう、文部科学省や教育委員会、学校等に問い合わせるなどしながら、準備を進めているところです。

以下、現状等を学年等別にお伝えしますので、それぞれの判断や行動の目安として下さい。

 新しい情報や指導事項があれば、その都度、大学HP上にアップするなどしますので、各自できるだけ最新の情報にしたがって下さい。不明な点や心配事は、【相談先】に連絡をお願いします。

【相談先】 教職センター 長谷川(y_hsgw@kpu.ac.jp) 学務課教務担当(kyoumu@kpu.ac.jp)

      キャリアサポートセンター 松村(matsumura@kpu.ac.jp

 

●教育実習・栄養教育実習・介護等体験等の予定者

 何よりもまず、自らの健康管理に最大限の注意を払い、不要不急の行動を慎んで下さい。文部科学省からの通知で、実習・体験の2週間前から、毎朝の検温や風邪症状の確認を徹底するよう求められています。

 

●4回生 2020年度教育実習・栄養教育実習参加者

 実習校に対し学長名の「依頼状」を送付し、実習の受入れの確認を行うなどの手続きをしています。ただし、上記の情勢から、実習期間の延期等が十分予想され、一部地域ではすでに秋以降に変更となっています。

・実習校からすでに何らかの連絡等を受けた場合、すぐに学務課教務担当に報告して下さい。

・また、事前指導での指示に基づき、これまでに実習校に連絡をとった場合も、報告して下さい。

 なお、実習校から具体的な指示がある場合や実習開始が5月中である場合を除いて、実習校への連絡等については、教職センターからの連絡があるまで控える、もしくはあらかじめ教職センターに相談して下さい。

 

●4回生以上(大学院生含む) 2020年度実施教員採用試験受験予定者

 教員採用試験の実施要項等が次々と発表されていますので、受験予定の自治体の要項を入手し、志願書作成など受験手続きを始めて下さい。「大学推薦」希望者は、至急、学務課教務担当まで連絡して下さい。なお、志願書添削、筆記対策、面接練習等の教採対策については、キャリアサポートセンターの松村先生に相談して下さい。

◆教職インターンシップ(3回生以上)や学校ボランティア(全回生)も、松村先生に相談して下さい。

 

●3回生 2021年度教育実習・栄養教育実習予定者

 学校現場では、長期にわたる休校状態のなかで児童生徒への指導に取り組みつつ、再開後の教育活動を展望し、加えて今年度の実習生の受入れ方法を模索されている状況です。例年以上に来年度の依頼が急がれることはないと考えますので、教職センターからの連絡を待って下さい(4月下旬を予定)。

 

●2020年度介護等体験参加予定者(主として3回生、食保健学科4回生)

 高齢者や障害者等に対する「介護等体験」は、直接的な対人支援場面も多く、いわゆる「3密」の回避が喫緊の課題です。終息の目途がたつまで実施できない可能性もあり、また免許状取得に不可欠であることから4回生等の優先が予想されます。大学からの連絡に引き続き注意し、指示にしたがって下さい。

 

●新入生 2020年度教職課程履修予定者

 大学から送付した「学生便覧」や教職課程関連書類をもとに、教職課程を履修するかどうか考えて履修登録、関係科目の受講をして下さい。教職課程について、履修ガイダンスを行う、また前期授業の「教育学原論」(月曜2コース)の中で説明する、など現在検討中です。不明な点は【相談先】まで連絡下さい。

 

お問い合わせ

京都府立大学学務課教務担当

電話: 075-703-5118 FAX: 075-701-2474

e-mail: kyoumu@kpu.ac.jp


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.