ページの先頭です

歴史学科竹中友里代特任講師が「祇園祭・山鉾金工品調査報告講演会」で講演しました。

[2016年2月26日]

歴史学科竹中友里代特任講師が「祇園祭・山鉾金工品調査報告講演会」で講演


 文学部歴史学科竹中友里代特任講師が、京都芸術センター、公益財団法人祇園祭山鉾連合会主催の「祇園祭・山鉾金工品調査報告講演会」で講演しました。
 公益財団法人祇園祭山鉾連合会では、15年にわたる祇園祭の山鉾の金工品調査を実施し、本年度から古文書の追加調査を含め報告書を作成しています。竹中特任講師は、史学研究科の院生とともに古文書調査・研究を実施し、その成果を講演で公開しました。

講演会の内容

「祇園祭・山鉾金工品調査 報告講演会~山鉾のかざり~

日時:2016年2月5日(金)14:00~
会場:京都芸術センター大広間
講師:久保智康(京都国立博物館名誉館員)
   竹中友里代(京都府立大学特任講師)
主催:京都芸術センター、公益財団法人祇園祭山鉾連合会

講演会には、120名もの参加者があり、大変盛況で、各講師からは、長刀鉾、月鉾、白楽天山、芦刈山、山伏山、役行者山の6基の金工品についての話がありました。

報告講演会のチラシ

講演会の様子

お問い合わせ

京都府立大学文学部

e-mail: gakuji@kpu.ac.jp


歴史学科竹中友里代特任講師が「祇園祭・山鉾金工品調査報告講演会」で講演しました。への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.