ページの先頭です

第3回 留学交流会 羽ばたけ府大生! を開催しました。

[2015年5月28日]

 平成27年5月25日(月)に京都府立大学国際交流委員会と京都府立大学生協の共催で第3回留学交流会を開催しました。教員4名職員3名及び生協本部参加者2名と府大OGのゲストスピーカー、府大生52人(内留学生7名)の方々にご参加いただきました。

 

 

イントロダクション

 府大生協店長の松波さんがご挨拶された後、今回は府立大学の卒業生でカナダの国際交流協定校であるラヴァル大学大学院に進学している川口君が日本に戻ってきておられ、飛び入りで研究留学の厳しさや、豊かなカナダの自然を紹介してくれました。

川口君

 また、国際交流委員会委員の上田先生には、異文化理解についてお話をいただきました。

上田先生

第1部

 今回も、事前にスピーカーの方々にインタビューをしてくれた生協の学生委員の方々が、各スピーカーの皆さんを紹介してくれました。

 まず、西安外国語大学で日本語教師を経験された文学研究科博士課程2年生の白﨑藍さんがスピーチをしてくれました。中国の学生さんに親しみを持って受け入れられ、日中が難しい関係にあった時なども安全に過ごすことができたこと、また、日本語を学ぶ学生が成長する喜びも感じることができたと語ってくれました。

白崎さん

 この後、西安外国語大学からの留学生、文学部4年生方紅君がスピーチを行いました。日本に来て日本人に混ざってアルバイトをして大変な経験もあったけれども、残りの日本留学生活を大切にしていきたいと語ってくれました。

方君

 府大生ラストは、三越CRプログラム制度に参加して米国のディズニーランドでインターシップを行った文学部4年生の松本彩香さんがスピーチを行ってくれました。米国の巨大企業であるディズニーワールドという多国籍な環境で行った1年間の接客経験を通し、このような現場をつくる経営などに携わるマネージャーを目指したいと夢を語ってくれました。

松本さん

 この後、生協の提携業者である語学学校EFによる模擬英語レッスンが行われました。

EF模擬レッスン

 第1部最後には、府立大学OGで青年海外協力隊員としてモロッコに赴任していた高橋ちぐささんをゲストスピーカーとしてお迎えしました。モロッコの遺跡調査を行ったことや、モロッコの文化に基づく豊かな食文化についてご紹介いただきました。

高橋さん

第2部

 第2部は小松先生による中国語と中国に関するミニレクチャーでした。先生の若かりし頃の留学体験談や、餃子を代表とする中国の食についてお話をしていただきました。

小松先生

第3部

 第3部は懇談会です。生協の学生委員会が中心となって盛り上げてくれました。

懇談会の様子

 

 今回ご協力・ご参加いただいた皆さまありがとうございました。

記念写真

お問い合わせ

国際交流委員会(事務局:企画課)
電話: 075-703-5905
E-mail: kokusai@kpu.ac.jp

第3回 留学交流会 羽ばたけ府大生! を開催しました。への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.