ページの先頭です

本学生命環境科学研究科小林正秀特別講師の「ナラ枯れ」対策の取り組みがTBS『夢の扉+』で紹介されました。

[2011年6月14日]
カシナガキクイムシが媒介する「ナラ菌」によりナラなどの広葉樹が集団的に枯死する「ナラ枯れ」が、近年全国的に広がり問題になっています。この「ナラ枯れ」の研究と防止に取り組む本学生命環境科学研究科小林正秀特別講師の活動がTBS『夢の扉+』(2011年6月5日放送分)で紹介されました。

放送内容に関しては以下の番組サイトで番組ビデオクリップとともに紹介されています。

TBS『夢の扉+』「被害拡大する今年こそ、全国の枯れゆく森を救え!:チェーンソー片手に立ち上がる行動派の大学講師」(2011年6月5日放送分)
http://www.tbs.co.jp/yumetobi-plus/backnumber/20110605.html

お問い合わせ

京都府立大学広報委員会(Web広報担当)

電話: 075-703-5212 FAX: 075-703-4979

e-mail: kikaku@kpu.ac.jp


本学生命環境科学研究科小林正秀特別講師の「ナラ枯れ」対策の取り組みがTBS『夢の扉+』で紹介されました。への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.