ページの先頭です

きょうと農商工連携等人材育成事業のための研修・実習講座開催のお知らせ

[2011年6月30日]
 京都府立大学では、農林漁業者と商工業者が協力して新たなビジネスを展開する人材を育成するために、「きょうと農商工連携等人材育成のための研修・実習講座」を平成21、22年度と開催してきました。今年度は、首都圏在住の方を主な対象に、京都の農商工について学ぶ研修講座を開催します。第1回講座を7月2日(土)に東京で開催しますのでお知らせします。

1 目的
 地域の特性をいかした農産品、機能性食品素材を、農商工連携により付加価値の高い新商品として生産し、流通・消費者ニーズを踏まえた販売戦略を構築・実践できる人材を育成することを目標に研修を実施します。東京地区で受講生を募集し、京都の近郊農業・京都ブランド産品に関連して農商工連携を推進できる人材を育成することを目的とします。

2 講座の概要
(1) 開催期間: 平成23年7月2日~平成23年10月2日
(2) 研修内容:講義研修(39時間)、実地研修(27時間)を行います。(下の添付スケジュール表参照)
(3) 受講料: 無料
(4) 募集定員: 30名
(5) 開催場所:三菱化学テクノリサーチ会議室(東京・四谷)、京都近郊農家・食品工場など
(6) 主な講義内容
講義では、フードファディズム、フードコーディネート、植物工場、有機農業、カーボンフットプリント、グリーンツーリズムなど、食と農に関する新しい技術や考え方、取り組みなどについて、それぞれ専門の研究者から話を聞くとともに、京野菜・京都米などの京都ブランド農産物の栽培や品種開発、流通、その機能性の評価などの講義を受けます。さらに、ブランド戦略や特許.種苗法、政策としての六次産業化推進などについての情報も提供します。
実地研修では、3日間にわたり、京都市周辺の農家・農場、直販所、伝統食品工場、レストラン、研究施設などの見学・実地体験を行います。

3 主催等
主催:京都府立大学大学院生命環境科学研究科
支援:全国中小企業中央会農商工連携等人材育成事業
協力機関:京都府農林水産部/(財)京都産業21/(株)三菱化学テクノリサーチ

「きょうと農商工連携等人材育成のための研修・実習講座」平成23年度スケジュール

Adobe ReaderPDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

京都府立大学生命環境科学研究科教授 椎名隆
Tel:075-703-5449
E-mail:shiina@kpu.ac.jp

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.