ページの先頭です

京都工芸繊維大学、京都府立医科大学との教養教育の共同化及び施設利用の推進に関する覚書を締結しました

[2011年1月27日]

京都工芸繊維大学、京都府立医科大学との覚書調印式について

 京都工芸繊維大学、京都府立医科大学と本学とは、ともに京都の地で発展してきた国立大学、公立大学として、緊密に連携を図りながら、教育及び研究内容を充実させるとともに、地域や社会に一層の貢献を行うことを目的に、平成18年10月20日に連携に関する包括協定を締結しています。

 今回、教養教育共同化施設の整備にあたり、より一層の連携関係の構築に向けて、教養教育の共同化及び施設利用の推進に関する覚書を締結することとなり、平成23年1月25日に、3大学長、京都府知事、京都府公立大学法人理事長による覚書調印式が開催されました。

 

写真右から、山岸府立医科大学長、江島京都工芸繊維大学長、
山田京都府知事、荒巻京都府公立大学法人理事長、竹葉府立大学長

 

覚書の内容は、教養教育共同化施設における教養教育共同化の推進と、施設の相互利用についてであり、覚書の締結を契機に、3大学の連携を一層進めていきます。

お問い合わせ

京都府立大学企画課

電話: 075-703-5147 FAX: 075-703-4979

e-mail: kikaku@kpu.ac.jp


京都工芸繊維大学、京都府立医科大学との教養教育の共同化及び施設利用の推進に関する覚書を締結しましたへの別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.