ページの先頭です

文学部歴史学科岡本隆司教授が、「アジア・太平洋賞特別賞」「樫山純三賞」を受賞されました。

[2017年12月1日]

文学部歴史学科岡本隆司教授、「アジア・太平洋賞特別賞」「樫山純三賞」を受賞


岡本隆司教授の『中国の誕生 東アジアの近代外交と国家形成』が、第29回 「アジア・太平洋賞特別賞」(毎日新聞社、アジア調査会)、第12回「樫山純三賞」 (樫山奨学財団)を受賞しました。

各賞の詳細・選評については、以下のページをご覧下さい。

「アジア・太平洋賞特別賞」

「樫山純三賞」

表紙


岡本隆司著『中国の誕生 東アジアの近代外交と国家形成』


名古屋大学出版会 562頁
2017年1月発行
定価:本体6300円(税別)
ISBN:987-4-8158-0860-0

東アジア在来秩序を揺るがした明治日本の登場から、琉球、ヴェトナム、朝鮮、チベット、モンゴルへと続く属国・藩部の危機と再編を通して、現代中国の原型が浮かび上がる過程を詳述、万国公法などの翻訳概念の変容を手がかりに、誰も描きえなかった 「中国」 誕生の全体像に迫った渾身作。

【目次】

第1章 清朝の対外秩序とその変遷 - 會典の考察を中心に

第2章 明治日本の登場 - 日清修好条規から 「琉球処分」 へ

第3章 新疆問題とその影響 - 「海防」 論と 「屬國」 と 「保護」

第4章 ヴェトナムをめぐる清仏交渉とその変容 - 1880年代初頭を中心に

第5章 清仏戦争への道 - 李・フルニエ協定の成立と和平の挫折

第6章 清仏戦争の終結 - 天津条約の締結過程

第7章 「朝鮮中立化構想」 と属国自主

第8章 自主と国際法 - 『清韓論』 の研究

第9章 属国と儀礼 - 『使韓紀略』 の研究

第10章 韓国の独立と清朝 - 「自主」 と 「藩屬」

第11章 「領土」 概念の形成

第12章 「主権」 の生成 - チベットをめぐる中英交渉と 「宗主権」 概念

第13章 「主権」 と 「宗主権」 - モンゴルの 「独立」 をめぐって

お問い合わせ

京都府立大学文学部

e-mail: bunmaster@kpu.ac.jp


文学部歴史学科岡本隆司教授が、「アジア・太平洋賞特別賞」「樫山純三賞」を受賞されました。への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.