ページの先頭です

【学長メッセージ】賑わいが生む新しい世界へ~第68回流木祭へのお誘い~

[2017年10月31日]

ケヤキ並木が彩を増し、今年も大学祭の季節がやってきました。

「流木革命(レボリューション)」が今年のテーマ。赤・青・白のトリコロールの彩と、今までにも増した様々な企画が準備されています。

 

私が府大に着任した20年以上前を思い起こすと、ステージの観客も少なく、こじんまりとした身内の交流という印象がありますが、近年は、ステージに大屋根が装備され、多彩な模擬店とともに、コンテストやジャンケンゲームなど参加型企画も加わり、祭りと呼ぶにふさわしい賑わいが創出されているように思います。

 

賑わいは、楽器の演奏や歌声、歓声、模擬店から聞こえてくる会話などの音だけでなく、漂う美味しそうなにおい、いつもに比べて格段に彩を増した風景などが混じり合うことでつくり出されます。五感が刺激され気分が高揚し、いつもの空間に新しい世界が立ち上がってくるようです。この世界は、祭りの終焉とともに消え去る運命ですが、その切なさも;また忘れがたい記憶となって、心を潤してくれるように思います。

 

クラブ・サークルで活動されているみなさんにとっては、晴れ舞台。商業主義に回収されない、21世紀の文化シーンを拓くパフォーマンスを大いに期待しています。

 

当日は、在学生のみならず、同窓会、後援会、校友会など、府大ゆかりの様々な世代が集います。楽しさいっぱいの交わりが、参加の皆様の心のレボリューションを誘い、明日へのエネルギーへとつながることを願っています。

 

                               学長 築山  崇

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.