ページの先頭です

地域貢献型特別研究(ACTR)成果報告会 at 歴彩館

[2017年3月5日]

 京都府立大学では、京都府内の地域振興や産業・文化の発展等に貢献することを目的として、地域貢献型特別研究(ACTR)を実施しています。府内各地で本学教員が自治体、NPO、経済団体などと連携して、地域課題解決に向けた調査研究活動に取り組んでいます。
 今年度の研究成果についてご報告します。


【日 時】 平成29年3月15日(水)13時30分~16時15分

【会 場】  京都府立京都学・歴彩館(京都市左京区下鴨半木町1番地29)
       
【内 容】 
 ・DNAからみた宇治茶の成り立ち  久保中央 准教授
 ・覆いをかけて栽培した茶が受けるストレスとその軽減をめざした栽培法の検討  森田重人 講師

 ・住まいの環境と健康 -熱中症発症の現状とその特徴-  松原斎樹 教授
 ・夏期の住まいと住まい方の工夫 -有効な熱中症対策の研究結果から-  柴田祥江 特任講師

 ・木を使い、樹を育てる -早生樹研究の最近の進歩-  宮藤久士 教授
 ・木質ペレット燃却灰の有効利用方法に関する研究  糟谷信彦 助教


入場無料


【申込み】  FAX又はE-mailで、氏名(フリガナ)・所属・連絡先(電話、FAX、E-mailアドレス)をご記入の上、下記申込み先までお申込みください(定員80名、3/10(金)まで)。

【申込み・問合わせ先   京都府立大学 企画課
                    電話:075-703―5147 FAX:075-703―4979
                    E-mail:kikaku@kpu.ac.jp

※駐車場がございませんので、公共機関を利用してお越しください。
※申込締切後であっても、定員に余裕があれば受付を行いますので、お問い合わせください。

お問い合わせ

京都府立大学 京都政策研究センター
電話: 075-703-5319 ファックス: 075-703-5319
E-mail: kpiinfo@kpu.ac.jp

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.