ページの先頭です

平成30年7月豪雨に伴う被災地におけるボランティア活動について

[2018年7月9日]

平成30年7月豪雨に伴う被災地におけるボランティア活動について

 平成30年7月豪雨により、被害にあわれた皆様に心より御見舞い申し上げます。

 さて、本学の学生が被災地でボランティア活動に参加する場合は、下記について注意してください。

 なお、ボランティア活動に当たっては、市町村により、公共交通機関等の関係から募集を行う地域を限定する場合があることから、市町村のボランティアセンターのHPの情報を必ず確認してください。


1 事前相談
  現地での活動参加を考えている学生は、事前に学務課学生担当及び京都災害ボランティアセンターなどからの情報を得て、ボランティア活動が被災地の人々や他のボランティアの負担や迷惑にならないよう、一人ひとりが自分自身の行動と安全に責任を持つ必要があります。
  
  京都災害ボランティアセンター
        http://fu-saigai-v.jp/    

2 大学への届け出
  事前に保護者に連絡の上、学務課学生担当窓口へ届け出てください。
    
3 保険への加入
     事前に必ず全国社会福祉協議会が取扱うボランティア活動保険などに加入してください。
  京都災害ボランティアセンターで加入できます。

4 情報収集と体調管理
  現地での活動に当たっては、出発前に十分情報を収集し、慎重に判断してください。
    また、体調管理にはくれぐれも注意してください。

 

ボランティア活動参加届

お問い合わせ

京都府立大学学務課学生担当

電話: 075-703-5124 FAX: 075-701-2474

e-mail: gakuseik@kpu.ac.jp


平成30年7月豪雨に伴う被災地におけるボランティア活動についてへの別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.