ページの先頭です

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策の徹底について

[2021年4月2日]

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策の徹底について

 

                                     令和3年4月2日

 学生及び教職員の皆様へ

                                                                                     学        長

 新型コロナウイルス感染症の影響が続く中、本日、京都府から「新型コロナウイルス感染症に係る厳重警戒期到達を踏まえた今後の対応について」通知があり、府内においても感染が急拡大し、強い危機感がある中で、大学に対して更なる感染防止対策の徹底について要請がありました。

 本学では、これまでから「感染拡大防止のためのガイドライン」を策定し、「新しい生活様式の実践例」に沿った行動をするよう徹底しているところであり、皆様の御理解と御努力により、現時点では、学内でクラスター等は発生しておりません。

 しかしながら、府内の大学生の週あたりの新規感染者数も大幅に増加(8人(3/16~3/22)→27人(3/23~3/29))し、一部で大学生のクラスターも発生していることから、学生・教職員の皆様一人ひとりが、今一度改めて感染拡大防止について考えていただき、課外活動やアルバイト、飲食機会など、日常生活の全般において、これまで以上に徹底した感染防止対策を行うことが求められています。

 皆様には、改めてとはなりますが、下記の内容について集中的に取り組んでいただくとともに、家庭内における感染経路の割合が高くなっておりますことから、御家族におきましても、趣旨を御理解いただき、御協力を賜りますようお願いいたします。

                       記

 

1 注意喚起のポイント

(1) 飲食時の「きょうとマナー」の徹底

 http://www.pref.kyoto.jp/kikikanri/corona_5manner.html

・適切なアクリル板や換気設備のあるお店で!

・会話の時はマスクを着用!

・食事前、退店時には手指消毒を!

・お店では大声で話さないでください!

・2時間、4人までを目安に!

 

(2) 飲食機会における感染防止の徹底

歓迎会、懇親会、コンパ等の宴会・飲み会は自粛すること。

 

(3) 学生の皆さんに特に注意いただきたい事項

①課外活動の前後などの会食は控える

②新入生歓迎会やクラブ・サークル等のコンパの禁止

③大人数での行動や、友人の下宿等での宿泊の禁止

④食事中も含めたマスクを外しての会話の禁止

 

(4) 課外活動での取り組み

①本学ガイドラインを遵守し、活動に当たっては許可内容(活動計画書)及び学生部からの指示内容を遵守すること。(当面の間、府県を跨る活動は極力控えること。)

②クラブごとに感染拡大防止の責任者を中心に感染予防を徹底すること。

③感染リスクが高いとされる「学生同士が組み合うことが主体となる活動」「身体接触を伴う活動」「大きな発声や激しい呼気を伴う活動」については特に注意すること。

 

(5) 日常の留意事項の更なる徹底

①外出時及び職場やアルバイト先等でも、マスク着用及び手洗い、距離の確保、建物入室時の手指消毒等を徹底すること。(特に会話の時にはマスク着用を徹底すること。)

②毎日の検温、体調チェックを徹底し、発熱、味覚・嗅覚異常等の自覚症状がある場合は、勤務・通学を控えると共に、不安な場合はかかりつけの医療機関や相談センター等に電話相談すること。また、速やかに大学(教職員については所属長、学生については学務課(又は教員))に報告すること。

③万一、新型コロナウイルスの感染が確認された場合や感染が疑われる場合(濃厚接触者となった場合)、感染が疑われる家族や友人と接触するなど感染が懸念される場合には、速やかに大学(教職員については所属長、学生については学務課(又は教員))に報告すること。

 

【参考】

京都府通知文

厳重警戒期到達を踏まえた感染再拡大防止対策

 

(1) 新しい生活様式の実践に向けた学生向け啓発動画

http://www.pref.kyoto.jp/fu-daigaku/news/2020animation.html

 

(2) Withコロナ時代の新しいライフスタイルの実践

https://www.pref.kyoto.jp/kikikanri/corona_life-style.html

お問い合わせ

京都府立大学総務課総務係

電話: 075-703-5102 FAX: 075-703-5149


Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.