ページの先頭です

令和元年度京都府立大学地域貢献型特別研究(ACTR)の成果

[2020年7月13日]

大学の研究成果を地域へ

 京都府立大学では、地域課題の解決に向けた研究に積極的に取り組むため、毎年度、地域貢献型特別研究(府大ACTR)を実施しています。

 令和元年度に採択され、取り組んだ研究の成果を紹介します。

 「令和元年度地域貢献型特別研究(ACTR)の主な研究」もご覧ください。

令和元年度京都府立大学地域貢献型特別研究費(府大ACTR)一覧
令和元年度京都府立大学地域貢献型特別研究費(府大ACTR)採択決定一覧
【A分野】府域の課題に的確に対応し地域振興、産業・文化の発展等に貢献する調査・研究(23件)
No研究課題所属代表者
氏名職名
1地域文化財を活用した山間地区コミュニティの維持方策の研究文学部上杉和央 准教授
2舞鶴地域の高大連携、世代間交流による文化資源を生かした地域振興文学部東 昇准教授
3夜久野末窯跡群を中心とした地域の文化遺産の調査と活用文学部菱田哲郎教授
4京都府産もち米を利用した水あめの開発は京生菓子文化の継承・発展に資する文学部佐藤洋一郎特別専任教授
5関西文化学術研究都市建設が精華町に与えた効果・影響に関する研究公共政策学部川勝健志教授
6与謝野町の持続可能な行財政マネジメントシステムに関する研究公共政策学部川勝健志教授
7京都府内の基礎自治体における災害時外国人支援体制の構築のための調査研究公共政策学部松岡京美准教授
8絶滅したと考えられた京都固有在来ブドウ品種‘聚楽’の復活と新たな利用方法の確立生命環境科学研究科板井章浩教授
9産業関連情報の総合的集約とそれを用いた地域産業情報支援および情報発信産業支援サイトのあり方と活用方策生命環境科学研究科岩﨑雅史准教授
10京都府産宇治茶の独自性と優位性を確保・発展させるための茶の生産性及び樹勢データに基づく収量予測の研究生命環境科学研究科久保中央教授
11地域森林資源の継続利用に向けた資源の地理的把握及び施業履歴の可視化とニーズに合う原木供給体制の構築生命環境科学研究科神代圭輔准教授
12府立大学で育成した「洛いも」の精華町における特産農産物化に向けた安定生産および総合的な利用技術の開発生命環境科学研究科伊達修一講師
13京の伝統野菜「九条ネギ」の病害虫総合防除に向けた調査研究 生命環境科学研究科辻 元人講師
14京丹波町産の一般流通製材と長ビスを用いた新たな木造構法の開発生命環境科学研究科田淵敦士准教授
15精華町における森林ゾーニングと森林管理保全指針の作成生命環境科学研究科長島啓子准教授
16京都府の水産物の活用による北部地域活性化と子どもの食育生命環境科学研究科東 あかね教授
173D+1.5D情報印刷を応用する視覚障害者のための感じる府立植物園の実現                           生命環境科学研究科細矢 憲教授
1819世紀末~20世紀初頭のアフリカ・セーシェル諸島における宮津出身写真師の活動及び作品調査とその成果公開生命環境科学研究科松田法子准教授
19食事の満足度を高める日本料理店の建築環境に関する調査研究生命環境科学研究科松原斎樹 教授
20大堀区における地区防災計画の策定と住民の防災意識の変化の検証生命環境科学研究科三好岩生助教
21京都特産農産物の産業振興に向けた成分の優位性に関する分析生命環境科学研究科森本拓也 助教
22食品ロス削減に向けた社会実験研究ー精華町の実態を踏まえた効果的な施策に向けて生命環境科学研究科山川     肇教授
23宇治市・西小倉地域(近鉄小倉駅周辺)における市民との協働型まちづくりのあり方検討京都地域未来創造センター青山公三統括マネージャー
【B分野】文理融合や学際的研究等、時代の要請にあったテーマについて、地域に広く還元し、発信する調査・研究(1件)
24ICOM京都大会2019に向けたVirtual Field Museum of Kyotoの開発生命環境科学研究科椎名 隆教授
※所属・職名は、令和元年度時点

お問い合わせ

京都府立大学京都地域未来創造センター担当

電話: 075-703-5319・5390 FAX: 075-703-4979

e-mail: kirpinfo@kpu.ac.jp


令和元年度京都府立大学地域貢献型特別研究(ACTR)の成果への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.