ページの先頭です

文学部歴史学科岡本隆司教授著『中国史とつなげて学ぶ 日本全史』が刊行されました。

[2021年12月6日]

岡本隆司教授、『中国史とつなげて学ぶ 日本全史』刊行


岡本隆司著 『中国史とつなげて学ぶ 日本全史』

東洋経済新報社 263頁 
2021年10月発行
定価:1,760円(税込)
ISBN:978-4492062180

中国が近代日本をつくり、日本が現代中国をつくった!?気鋭の東洋史家が中国との関係を軸に描く「新しい日本史」。

【目次】

第一章 日本史は中国の“コピー”から始まった 【古代~平安時代】
第二章 アジア・システムからの離脱 【平安時代~鎌倉時代】
第三章 「日本全体が入れ替わった」時代 【室町時代~戦国時代】
第四章 「国家」の成立 【江戸開府~元禄・享保時代】
第五章 「凝集」する日本 【享保時代~開国前夜】
第六章 開国と日中対立の始まり 【幕末~明治維新】
第七章 朝鮮半島をめぐる外交と戦争 【明治時代】
第八章 アイデンティティの破滅へ 【大正時代~昭和時代初期】



表紙

お問い合わせ

京都府立大学文学部

e-mail: gakuji@kpu.ac.jp


文学部歴史学科岡本隆司教授著『中国史とつなげて学ぶ 日本全史』が刊行されました。への別ルート

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.