ページの先頭です

プレスリリース(府立大学発ベンチャーが開発―新型コロナ対策ダチョウ抗体マスク・ダチョウキャンディを精華町へのふるさと納税返礼品として取扱い開始)

[2021年8月26日]

このたび、京都府立大学「精華キャンパス」での研究成果を基に、けいはんなプラザ(精華町光台1丁目)生まれの京都府立大学発ベンチャー「オーストリッチファーマ(株)」が製品化したダチョウ抗体を使った2製品を、本学と連携協力包括協定を結んでいる精華町において「ふるさとづくり寄附金(ふるさと納税)」の返礼品として取扱うこととなりましたので、お知らせします。

 

1 今回の対象製品の概要                               

  • ダチョウ抗体マスク

従来タイプのウイルス対策用マスクに使用されている"静電フィルター"に加え、抗原抗体反応によりウイルス、花粉アレルゲンに瞬時に結合してカットする"ダチョウ抗体フィルター"を組み込んだ不織布製マスクです。精華キャンパスの研究所でダチョウの卵黄から作製・精製した抗体は、新型コロナウイルスへの結合が確認されています。

  • ダチョウキャンディー

ダチョウの卵から抽出したウイルス抑制成分を配合した”キャンディーです。

昔ながらの飴職人の技術により、オーストリッチトリビュート株式会社(精華町)で製造・販売をしています。

 

2 精華町「ふるさと納税」での返礼品取り扱いについて                               

精華町のふるさと納税特設サイトなどからお申し込み下さい。

けいはんな学研都市から生まれた産学連携の推進など、学研都市をはじめとする本町のまちづくりを応援いただける皆様のご支援をよろしくお願いします。

精華町ふるさと納税特設サイト:https://furusato-seika.jp/

精華町ふるさとづくり寄附金(ふるさと納税)のご案内:https://www.town.seika.kyoto.jp/kakuka/zaisei/3/1_2/2550.html

 

<参考> 京都府立大学発ベンチャー「オーストリッチファーマ(株)」について

 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の「独創的シーズ展開事業(大学発ベンチャー創出推進)」の採択を受けて平成18年度に開始した「新規有用抗体の大量作製法の開発」(開発代表者:塚本康浩・京都府立大学教授において、ダチョウ卵黄を用いてさまざまな抗体を低コストでかつ大量に作製できる技術の開発に成功し、この成果をもとに平成20年6月27日、塚本康浩教授(当時)が出資して設立されたベンチャー企業

 

  • 独創的シーズ展開事業 大学発ベンチャー創出推進

研究開発課題:「新規有用抗体の大量作製法の開発」

開発代表者:塚本康浩 (京都府立大学 学長)

研究開発期間:平成18~20年

 

  • オーストリッチファーマ株式会社

設 立 日 平成20年6月27日

現 住 所 〒619-0244 京都府精華町大字北稲八間小字大路84

(起業地住所 京都府相楽郡精華町光台1-7けいはんなプラザ・ラボ棟410)

資 本 金 500万円

役  員 代表取締役 塚本康浩 ほか

事業内容 抗体の受託作製、病原体除去素材の製造販売

プレスリリース(PDF版)

Adobe ReaderPDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

京都府立大学 産学公連携リエゾンオフィス
電話: 075-703-5355 ファックス: 075-703-4979
E-mail: liaison-office@kpu.ac.jp

プレスリリース(府立大学発ベンチャーが開発―新型コロナ対策ダチョウ抗体マスク・ダチョウキャンディを精華町へのふるさと納税返礼品として取扱い開始)への別ルート

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.