ページの先頭です

アサガオの花びら(花冠)がまっすぐに伸びる力学的な仕組みを解明

[2021年3月9日]

アサガオの花びら(花冠)がまっすぐに伸びる力学的な仕組みを解明

京都府立大学の武田征士准教授(細胞工学研究室)、奈良先端科学技術大学院大学の津川暁特任助教(植物代謝制御研究室)らの共同研究グループは、江戸時代から知られている変化アサガオのひとつで、花びらが折れ曲がる「台咲(だいざき)」系統を材料に、花びらがまっすぐに伸びる力学的な仕組みを明らかにしました。花器官表面にあるミクロ構造「分泌腺毛」が、器官どうしの摩擦を軽減することで、狭いつぼみの中でも花びらが伸長できることが分かりました。この仕組みを応用し、観賞用の花の形を自在に制御する園芸技術につながる可能性があります。
Flower photo
Model

お問い合わせ

京都府立大学生命環境学部

e-mail: gakuji@kpu.ac.jp


アサガオの花びら(花冠)がまっすぐに伸びる力学的な仕組みを解明への別ルート

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.