ページの先頭です

昆虫が 虫こぶ を作るために 植物の 花と実を作る遺伝子を操作していることを明らかにしました。

[2020年5月20日]
昆虫が虫こぶを作るメカニズムの分子機構は明らかになっていませんでしたが,この度,京都府立大学の平野朋子特任助教,佐藤雅彦教授,京都産業大学の木村成介教授らの共同研究グループ は ヌルデシロアブラムシ (アブラムシの一種)がヌルデに虫こぶを形成する際に,花と実を作る際に働いている遺伝子群を制御していることを明らかにしました。 虫こぶ形成昆虫が寄生した植物は 葉の組織を未分化 細胞に作り変えたあと,花器官や果実を作る遺伝子を働かせる ことで,葉に果実のような組織を形成します。)
虫こぶができる仕組みの活用が,人工的に誘導した虫こぶ様器官に有用物資を蓄積させる技術の開発などにつながる可能性があります。

プレスリリースはこちらhttps://drive.google.com/open?id=1V3jswK5d2vyEIc2r-P1Ddbmz8cTbmGEH

本研究成果は,国際学術誌 Frontiers in Plant Science に 5 月 15 日 午前 0 時 GMT) に オンライン 掲載され ました 。
論文タイトル:
Reprograming of the developmental program of Rhus javanica during initial stage of gall induction by Schlechtendalia chinensis

著者:Tomoko Hirano, Seisuke Kimura , Tomoaki Sakamoto, Ayaka Okamoto, Takumi Nakayama, Takakazu Matsuura, Yoko Ikeda, Seiji Takeda Yoshihito Suzuki, Issei Ohshima, and Masa H. Sato
doi. 10.3389/fpls.2020.00471

お問い合わせ

京都府立大学生命環境学部

e-mail: gakuji@kpu.ac.jp


昆虫が 虫こぶ を作るために 植物の 花と実を作る遺伝子を操作していることを明らかにしました。への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.