ページの先頭です

文学部歴史学科岡本隆司教授著『世界史とつなげて学ぶ 中国全史』が刊行されました。

[2019年8月21日]

岡本隆司教授、『世界史とつなげて学ぶ 中国全史』を刊行


岡本隆司著
東洋経済新報社 262頁
2019年7月発行
定価:本体1600円(税別)
ISBN:    978-4492062128

「中華」の誕生から国民国家としての苦悩の時代まで、グローバルヒストリーの枠組みで考える新しい中国3000年史

表紙


【目次】

はじめに

第1章 黄河文明から「中華」の誕生まで

第2章 寒冷化の衝撃―民族大移動と混迷の300年

第3章 隋・唐の興亡―「1つの中国」のモデル

第4章 唐から宋へ―対外協調と経済成長の時代

第5章 モンゴル帝国の興亡―世界史の分岐点

第6章 現代中国の原点としての明朝

第7章 清朝時代の地域分立と官民乖離

第8章 革命の20世紀―国民国家への闘い

結  現代中国と歴史

あとがき

文献リスト

お問い合わせ

京都府立大学文学部

e-mail: gakuji@kpu.ac.jp


文学部歴史学科岡本隆司教授著『世界史とつなげて学ぶ 中国全史』が刊行されました。への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.