ページの先頭です

生命環境学部 板井教授らのグループが桜の代表品種“ソメイヨシノ”のゲノムを解読しました。

[2019年3月13日]

かずさDNA研究所、島根大学、京都府立大学は共同で、日本を象徴する花である桜の代表品種“ソメイヨシノ”のゲノムを解読しました。


・ソメイヨシノは、その成り立ちや、開花時にはたらく遺伝子について多くの不明な部分があります。

今回、島根大学が保有する139 品種を解析し類縁関係を調査したところ、通説通り、ソメイヨシノはエドヒガンとオオシマザクラを祖先に持つ可能性を見出しました。

・ソメイヨシノの細胞組織は、上野恩賜公園に植栽されている、ソメイヨシノの原木と推測されている樹木から許可を得て採取しました。ゲノムや開花に関わる遺伝子が明らかになったことで、遺伝子解析により、より正確に開花時期が予測できると期待できます。

本研究の成果は、3 月23 日(土)に明治大学で開催される園芸学会平成31 年度春季大会にて口頭発表するとともに、かずさD N A 研究所が運営するDBcherry データベース(http://cherry.kazusa.or.jp)にて公開いたします。

お問い合わせ

生命環境学部 農学生命科学科 教授 板井 章浩

生命環境学部 板井教授らのグループが桜の代表品種“ソメイヨシノ”のゲノムを解読しました。への別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.