ページの先頭です

生命環境科学研究科 佐藤准教授の研究成果が国際学術誌”Nature Plants”(ネイチャー・プランツ)に掲載されました

[2018年11月5日]

京都府立大学大学院生命環境科学研究科 佐藤 准教授と平野特任助教らのグループの研究成果が11月2日午後4時(GMT)に国際学術誌”Nature Plants”(ネイチャー・プランツ)にオンライン掲載されました。

「植物の根毛側面を硬くするしくみの解明に成功~根の毛はなぜまっすぐに伸びる?~」

これまで根毛側面の伸長抑制メカニズムの分子機構は全く明らかになっていませんでしたが、この度、京都府立大学の平野朋子特任助教,佐藤雅彦准教授らの国際共同研究グループ*は,モデル植物シロイヌナズナを用いて,根毛の微小管を制御し,側面の細胞壁を硬くすることで,根毛が細長く真っ直ぐ伸びながら,その形を維持する仕組みを解明しました。

今後,この仕組みを活用して,側面強度を増強した根毛を持つ植物体を作出することで,栄養源が乏しい土壌中から効率よく栄養を吸収できる植物体を開発できる可能性があります。

 

 

発表資料

論文タイトル:PI(3,5)P2 mediates root hair shank hardening in Arabidopsis

著者:Tomoko Hirano, Hiroki Konno, Seiji Takeda1, Liam Dolan, Mariko Kato, Takashi Aoyama, Takumi Higaki, Hisako Takigawa-Imamura, and Masa H. Sato

お問い合わせ

生命環境学部細胞動態学研究室 准教授 佐藤雅彦

生命環境科学研究科 佐藤准教授の研究成果が国際学術誌”Nature Plants”(ネイチャー・プランツ)に掲載されましたへの別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.