ページの先頭です

本学とグランドプリンスホテル京都が特別コースメニューを共同考案しました。

[2012年2月10日]
 現在グランドプリンスホテル京都 レストラン ボーセジュールで開催されている「〜舞鶴・宮津・京丹後〜丹後地産地消フェア」の特別ランチコースメニューの考案に、本学大学院食事科学研究室の大学院生で管理栄養士の岡崎章子さんが参加しました。
 このフェアは京都府が仲介したもので、丹後産水産物をはじめとする京都府内の食材を魅力的な料理で提供して、消費者の方に知っていただくことを目的に企画されたものです。
 岡崎さんは、今秋の世界料理五輪で日本代表チームの主将を務める同ホテルレストランの三浦健史料理長と共に、以下のコースメニューを共同考案しました。

  • 美味しい京都の食材を使ったサラダとパスタと丹後直送お魚料理「ラ・メール デュ ジャポン」
  • 美味しい京都の食材を使った<ハーフポーション>フルコースランチ「シャンティ」

フェアの期間は2月29日(水)までです。
詳しくはグランドプリンスホテル京都の紹介ページをご覧下さい。

->グランドプリンスホテル京都の「〜舞鶴・宮津・京丹後〜丹後地産地消フェア」紹介ページ

試食会の様子と料理1
試食会の様子と料理2
試食会の様子とメニューの料理の一部です。


お問い合わせ

京都府立大学生命環境学部

e-mail: gakuji@kpu.ac.jp


本学とグランドプリンスホテル京都が特別コースメニューを共同考案しました。への別ルート

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.