ページの先頭です

文学部 川瀬貴也准教授 著『植民地朝鮮の宗教と学知』刊行

[2009年11月19日]

本学文学部川瀬貴也准教授著『植民地朝鮮の宗教と学知』が刊行されました。


川瀬貴也著『植民地朝鮮の宗教と学知―帝国日本の眼差しの構築』(シリーズ:越境する近代 8)青弓社
A5判 244ページ 上製
定価3,400円+税 2009年11月 発行
ISBN978-4-7872-2037-0


▼目次
はじめに
第1部 宗教政策と植民地布教
第1章 植民地期朝鮮における宗教政策と日本仏教
 1 浄土真宗の朝鮮布教史――韓国併合(一九一〇年)まで
 2 朝鮮総督府の宗教政策と日本仏教
第2章 日本キリスト教の朝鮮布教とその言説
 1 韓国併合以前のキリスト教界の論調
 2 総督府初期(一九一〇―一九年)のキリスト教観
 3 日本キリスト教の朝鮮布教――日本組合教会の事例
 4 個人伝道の先駆者――乗松雅休について
 5 文化政治下における日本キリスト教
 6 「神社参拝問題」をめぐって

第2部 宗教と文明をめぐる言説と学知
第3章 天道教幹部「民族代表」について――アジア主義・文明・ナショナリズム
 1 問題の所在
 2 近代アジアの「文明」観
 3 天道教幹部「民族代表」の「近代文明」観と「国家」観
第4章 「朝鮮人」「朝鮮宗教」「朝鮮仏教」への眼差し――高橋亨を中心に
 1 高橋亨の略歴
 2 高橋亨の「朝鮮人」観・「朝鮮宗教」観
 3 高橋亨の「朝鮮仏教」観――『李朝仏教』を中心に
第5章 「心田開発運動」政策について
 1 農村振興運動と心田開発運動前史
 2 『心田開発に関する講演集』に見る「心田開発運動」政策
 3 雑誌「総動員」にみるイデオロギー政策
おわりに

お問い合わせ

京都府立大学文学部

e-mail: gakuji@kpu.ac.jp


文学部 川瀬貴也准教授 著『植民地朝鮮の宗教と学知』刊行への別ルート

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.