ページの先頭です

京都府立大学と中国南京林業大学が学術交流協定を締結しました

[2017年11月16日]

 2017年11月6日、中国 南京林業大学にて学術交流協定の締結式が行われました。本学からは築山学長、古田教授、宮藤教授が参加しました。

 南京林業大学は1952年に設立され、林業、材料工学、化学工学、機械電子工学、土木工学、経済経営、人文社会科学、情報科学、造園、外国語、芸術、工業デザイン、光工学、自動車工学、生物学、環境科学、教育学、体育学部等22学部を有する総合大学です。全校生徒数は約30,000人余りで、大学院生と留学生は約4,500人であり、留学生の受け入れを積極的に行っています。 

 本学の古田教授と南京林業大学の張敏教授とは共同で、2005年度~2009年度に梱包用木質系材料に関する研究、2012~2015年度には竹資源の有効利用及び竹炭の高度利用に関する研究、2015年度には仮設施設用床板兼運送用木質パレットに関する研究を行って来ました。これまで長きに渡り双方で交流をしてきた実績を踏まえ、今後はさらに密度の高い学術交流を行うことを目的とし、今回の学術交流協定の締結に至りました。

 調印式では、南京林業大学の王学長と本学の築山学長からそれぞれの大学の紹介と締結に至る経緯などが述べられ、両学長により協定書へのサインが行われました。今回の協定締結を機に、これまでの研究交流に加えて学生の交流にも大きな期待が寄せられました。

調印式の様子

材料科学工程学院

お問い合わせ

京都府立大学企画課

電話: 075-703-5147 FAX: 075-703-4979

e-mail: kikaku@kpu.ac.jp


京都府立大学と中国南京林業大学が学術交流協定を締結しましたへの別ルート

ページの先頭へ戻る

Copyright (C) Kyoto Prefectural University All Rights Reserved.